2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
2021年 01月>
新聞折込み広告調査分析そのI  12月31日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆
 
緊急事態宣言で急減した広告数は、その後の感染拡大が止まったことで、5月8日からV字回復 した。
5月25日、政府は「緊急事態」を全面解除したが、「早すぎる」という不安で広告数は少し減ったが、国民感覚の安堵感で再び広告数は上昇に転じた。ところがギッチョン!
 
「折込み広告」は新型コロナ感染爆発第1波による5月の底値以来、第2波を懸念して、民心は完全に疑心暗鬼で行動は強い自粛モードとなった。このことで経済活動も停滞し、中小の企業や個人営業の飲食店や観光などは壊滅状態!ボチボチ倒産と自殺者が出始めた。8月の第2波到来で広告も感染者数同様に激しく上下動し、警戒が続いた。

9月に入り小泰状態となったが感染者数は高原状態で推移。
10月
から一転して全国的に感染拡大した結果、広告数も第2波以降の減少傾向を続けている。
11月
に入り第3波襲来。これが全国に拡大!
特に東京都は18日から感染者の最多記録を連日更新(500人超え)
GoToキャンペーンも大都市自粛要請から東京都の「時短要請」に発展し、更に22時閉店要請に強化された。月末頃から重症者が激増し、新聞テレビは「医療崩壊」の可能性を連日報道して国民を脅しまくり大混乱となった。

12月はコロナ感染者・重症者・死者ともに過去最大を連日更新した。にもかかわらず政府はインバウンドを期待して、外国人(中国、ベトナムほか)の入国を激増させた(約4万5千人)
更に政府の手緩い国内「GoToトラベル」対策に感染爆発⇒重症者激増⇒医療体制逼迫⇒死者増加傾向という悪循環が始まった。
12月8日は我が国に武漢ウイルスの感染が起こった日。(場所>クルーゼ船「ダイアモンド・プリンセス号」
15日、政府はGoToキャンペーンの全国停止2週間【28日(月)〜1月11日(月)】を決定!

我が町も御多分に漏れず12月は感染拡大(^_-)-☆
でも、家族の濃厚接触が原因で、大事に至らず安堵した。
3月発症者出現して以降の感染状況


20日、欧州各地で感染力の強い変異種発生>英国⇒イタリア⇒デンマーク⇒オーストラリア
以降、全世界に拡散した。もちろん我が国にも!そこで政府は英国からの外国人の入国停止 

ただ、新型コロナウイルスの出現で、インフルエンザ(風邪)感染者はほとんどゼロ
(例年は、感染者1000万人、インフルエンザによる関連死者1万人)
原因は、既に人間の身体に巣くっている風邪ウイルスが新型コロナに遠慮して控えているから。
 

さて、折込広告であるが、
第3波の襲来で我が国もほとんどパンデミック状態となり、年末年始は完全自粛生活を強いられることとなった。その影響で新聞の頁数も減り、広告も第1波並みに激減した。

 
折込み広告はV字回復しているが、朝刊の発行頁数は5月中旬を底として、増加傾向にある。
5月以降、9月になって頁数は上昇の一途?!?これはおかしい??と改めて新聞をしげしげと眺めていると、原因がわかりました(^_-)-☆増えた頁の分だけ「刷込み広告」が増えているのでした(◎_◎;)
つまり、折込広告の減少分を新聞紙に刷込んでしまったというわけでした<m(__)m>
いやはや"(-""-)"なんとも"(-""-)"あこぎな商売しはりますなぁ(◎_◎;)
 
もっと早く気が付きべきでした。が、古新聞は既に回収業者にくれてやりましたのでありません。
が、グダグダ言うてもしょうがないので、残っている5日からスタート。
ま、とにかく新しい課題を発見できて涙がチョチョ切れるほど嬉しオマス(^_-)-☆
パチンコ店の新聞広告も徐々に増えてきた

12月31日現在

5月30日(土)の折込広告復活後、2ヵ月で2倍に増えたが、9月以降減りっぱなし(◎_◎;)

さすがに「新聞刷込み」で広告出す勇気はないらしく☆経営安定化のために従来通りの顧客勧誘政策☆折込広告☆を続けている(^_-)-☆
10月からの第3波襲来でさすがのパチンコ業界も自粛モードになって来た。が、連日の感染者数更新報道もマンネリ化して新鮮味が薄れ、業者も苦しい経営の改善に向けて自粛どころではなくなり、国民は自粛疲れでストレス満載!全国民が疑心暗鬼の暗闇で生活している。

11月からは広告も安定してきた。
 
 

 
新聞刷込み広告 調査分析そのC  12月31日現在
データ採取方法改定>
【1】 従来は朝刊のみであったが、これに夕刊と日曜版を追加し、データ数を増やした。
【2】 従来広告の大きさは@全面、A1/2〜2/3面の2つであったが、11月からは4つ増やして、
@全面、A2/3、B1/2、C1/3、D1/4、E1/5の6項目とし、データ取り精度を高めた。
 
刷込み広告数新聞頁数が減ったので当然のこととして刷込み広告も約半減した。

 
業態別ではスーパー・モールなどと、
パチンコ・遊技場などはゼロ!
さすがに憚るのでしょうか(^_-)-☆
広告数は折込広告の約2倍(@_@。
新聞社は広告宣伝会社になってしまった
コロナは人類全てに変革を求めている

<補足>週間刷込み広告数のデータの取り方

本来のデータ取りは土曜日〜金曜日であるが、2021年1月1日(金)なので翌年となってしまい集計できず、止むを得ず前週の金曜日(25日)で打ち切った。ちなみに26日(土)から31日(木)の6日間のデータは122件と前週以前のデータより50〜70件少ない。
しかし、6日間の平均が約20件なのでその数値を加えても142件と前々週より40件少ないことになる。そこで、年末のデータは25日で〆ることとにした。
 
 
9月から新聞刷込み広告を抜粋してスキャン記録してきた。
結果、中日新聞社の新聞広告の紙面構成が解って来たので、全紙面の総括を行う。
調査期間5日間>10月27日〜10月31日、広告面の大きさ>全面・1/2・1/3の3種および広告なし面
 
紙面表示名とは、新聞紙の左右上部に記されたその面の分類項目名
広告内容とは、何の広告なのかを示す、私の考えた分類項目(混在とは多数の項目がある)
 
5日間の広告面数>広告なし35、全面広告21、1/2面広告22、1/3面広告62、計140
1日当たりの広告面数>広告なし6.6、全面広告4.2、1/2面広告4.4、1/3面広告12、計27.2
一日当たりの実質広告面数>全面広告4.2、1/2広告2.2、1/3広告4.1、計10.5面
 

ページトップへ

2021年02月
新聞折込み広告調査分析そのJ  1月31日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆
広告はコロナ感染拡大で必ず減少する!
「外出自粛」で、自宅に籠るので旅行や飲食店やパチンコ屋などには出かけないから広告出しても効果なし(>_<)
すなわち、第1波4月、第2波9月、第3波12月。
第1波ではほぼ全国民が慎重に行動したが、第2波では「大した事」にはならないと気が緩み、11月からの第3波で日本もパンデミック状態となり、GoTo全国停止2週間発出(12月28日〜1月11日)
2021年に入っても感染爆発は治まらず!特に人口の多い首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)はクラスター感染激増で手の打ちようなし。堪らず政府(菅首相)は1都3県に2回目の緊急事態宣言発出(1月8日〜2月7日)。その後、首都圏以外の全国の感染者激増7府県(愛知・岐阜・栃木・京都・大坂・兵庫・福岡)は1月14日〜2月7日まで緊急事態宣言発出

昨年の広告数(平均10〜15枚)が今年は元日以外の平均が10枚と減っている。が、その代わりに新聞に刷込んだ広告が増大し始め、今や折込広告に取って代わる安定的収入源となって来た。
詳細は後述する、「新聞刷込み広告 調査分析そのD」 をご覧ください。
 
 
 
2019年3月8日〜2020年3月5日までの業態別広告数と2021年1月との比較
2019年3月8日〜2020年3月5日
 
2021年1月1日〜31日>3密業態(パチンコ・飲食・学習塾・イベント・旅行)は減少。旅行はゼロ!
半減したのは「求人」(経済活動停滞からか?)、
 
一日平均・広告数の比較
  スーパー
モール
住宅
不動産
生活 パチンコ
遊技場
美容
医療
飲食 自動車
関連
学習
催事
家電
携帯
PC
求人 共済 葬儀 旅行
2019-2020 16 3.5 2.0 1.9 1.5 1.3 1.2 1.1 0.8 0.8 0.7 0.4 0.3 0.2
2021年1月 13 2.5 1.9 1.7 0.9 1.1 1.1 1.2 0.6 1 0.3 0.5 0.2 0
増減率% -20 -30 -5 -10 -40 -15 -10 +10 -25 +25 -55 +25 -35 0
激減業態>求人情報、パチンコ店、葬儀社
 
新聞頁数と折込広告枚数との相関
 
参考資料>新聞頁数の分布図
 

 
新聞刷込み広告 調査分析そのD  2021年1月31現在
データ採取方法改定>
【1】 従来は朝刊のみであったが、これに夕刊と日曜版を追加し、データ数を増やした。
【2】 従来広告の大きさは@全面、A1/2〜2/3面の2つであったが、11月からは4つ増やして、
@全面、A2/3、B1/2、C1/3、D1/4、E1/5、F1/6、G1/7、H1/15の 9項目とし、データ取り精度を高めた。

2021年1月・3項目追加

 
刷込み広告数>2021年新春1日〜7日の新聞頁数と内容別広告数

朝夕新聞総頁数 業態別広告数
報道版頁は14%前後の平均的分布 公・私大学入試共通テストで「学習」激増

 

刷込広告の大きさ別推移>2021年1月1日〜31日<曲線は上から「計」、「1/3」、「全面」

 

刷込広告の大きさ別掲載件数

 
総新聞頁数−実質広告頁数=実質新聞頁数
 
新聞頁数と広告掲載頁数
 

ページトップへ

2021年 03月
新聞折込み広告調査分析そのK  2月28日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆
広告はコロナ感染拡大で必ず減少する!
「外出自粛」で、自宅に籠るので旅行や飲食店やパチンコ屋などには出かけないから広告出しても効果なし(>_<)
すなわち、第1波4月、第2波9月、第3波12月。
第1波ではほぼ全国民が慎重に行動したが、第2波では「大した事」にはならないと気が緩み、11月からの第3波で日本もパンデミック状態となり、GoTo全国停止2週間発出(12月28日〜1月11日)
 
2021年に入っても感染爆発は治まらず!特に人口の多い首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)はクラスター感染激増で手の打ちようなし。堪らず政府(菅首相)は1都3県に2回目の緊急事態宣言発出(1月8日〜2月7日)

その後、首都圏以外の全国の感染者激増7府県(愛知・岐阜・栃木・京都・大坂・兵庫・福岡) にも1月14日〜2月7日まで緊急事態宣言発出

2月8日>10都府県(関東4都県+愛知・岐阜・京都・大坂・兵庫・福岡)緊急事態宣言1ヵ月延長>2月8日〜3月7日

昨年の広告数(平均10〜15枚)が今年は元日以外の平均が10枚と減っている。が、その代わりに新聞に刷込んだ広告が増大し始め、今や折込広告に取って代わる安定的収入源となって来た。
詳細は後述する、「新聞刷込み広告 調査分析そのE」をご覧ください。

 

新聞頁数は新年に入って順調に増えているが、広告枚数は変化なし。

 
2019年3月8日〜2020年3月5日までの業態別広告数と2021年1月〜2月との比較
2019年3月8日〜2020年3月5日
 
2021年1月1日〜2月28日>8日の10都府県の緊急事態宣言延長で3密業態 は激減!
昨年との比較
業種

1日当たり平均広告数(枚)

増減 要因
2019年3月8日〜
2020年3月5日
(364日)
2021年1月1日
〜2月28日
(59日)
@スーパー・モール 3.5 2.5 -30% 自粛生活で広告出さなくても客が来る?
A住宅・不動産 2.1 1.9 -10% 地価、建築費ともに値下がり!が、金がない?
B生活用品 1.9 1.6 -15% 洗濯して使うから新規に買わない?
Cパチンコ・遊技場 1.5 0.6 -60% <非常事態宣言で営業自粛>
昨年3月28日〜5月29日まで自粛して広告ゼロ
5月30日〜12月31日まで広告枚数249>一日平均:3.4枚 今年1月:27枚、2月:7枚>2カ月間の一日平均:0.6枚
D医薬・美容・健康 1.3 1.1 -30% 体調不良訴えても慰謝の世話にはなりません
E飲食品・飲食店 1.2 1.0 -17% 外出自粛、自宅調理に徹する
F車関連(給油・自転車 1.1 0.9 -20% 車買う銭がない
G学習・催事 0.8 0.7 -12.5% コロナで3密回避に徹する
H家電・携帯・PC 0.8 0.9 +12.5% 暖かい家庭はまずは暖房だ(^^♪
I求人 0.7 0.3 -60% 経済活動停滞で人は余っている?
J共済・法人 0.4 0.5 +25 ORICS保険・大活躍
K葬祭 0.3 0.2 -35% この時期営業しにくい代表的業種
L旅行 0.2 0.0   GoToトラベル政策・大失敗で広告ゼロ

結果

15.9 12.5 -25% 宣伝広告を断念した店が四分の一減った
 
参考資料>新聞頁数の分布図
 

 
新聞刷込み広告 調査分析そのE  2021年2月28現在
データ採取方法改定>
【1】 従来は朝刊のみであったが、これに夕刊と日曜版を追加し、データ数を増やした。
【2】 従来広告の大きさは@全面、A1/2〜2/3面の2つであったが、11月からは4つ増やして、
@全面、A2/3、B1/2、C1/3、D1/4、E1/5、F1/6、G1/7、H1/15の 9項目とし、データ取り精度を高めた。

2021年1月・3項目追加、2021年2月・FとGを削除しH1/8、I1/15とする

 

刷込広告の大きさ別推移>2021年2月13日〜28日の新聞頁数と 大きさ別広告数<相関なし

 
新聞頁数と広告掲載頁数
<考察>
@新聞頁数が多い時、広告頁数が多いとは限らない>20日の新聞44と広告19、対する、24日の新聞38と広告18
A新聞頁数が少ない時(32頁)は、概ね広告数が減る>21日〜23日(日・月・火)
B曜日別ではほぼ相関なし
 

ページトップへ

2021年04月
新聞折込み広告調査分析そのL  3月31日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆
広告はコロナ感染拡大で必ず減少する!
「外出自粛」で、自宅に籠るので旅行や飲食店やパチンコ屋などには出かけないから広告出しても効果なし(>_<)
すなわち、第1波4月、第2波9月、第3波12月。
第1波ではほぼ全国民が慎重に行動したが、第2波では「大した事」にはならないと気が緩み、11月からの第3波で日本もパンデミック状態となり、GoTo全国停止2週間発出(12月28日〜1月11日)
 
2021年に入っても感染爆発は治まらず!特に人口の多い首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)はクラスター感染激増で手の打ちようなし。堪らず政府(菅首相)は1都3県に2回目の緊急事態宣言発出(1月8日〜2月7日)

その後、首都圏以外の全国の感染者激増7府県(愛知・岐阜・栃木・京都・大坂・兵庫・福岡) にも1月14日〜2月7日まで緊急事態宣言発出

2月8日>10都府県(関東4都県+愛知・岐阜・京都・大坂・兵庫・福岡)緊急事態宣言1ヵ月延長>2月8日〜3月7日

昨年の広告数(平均10〜15枚)が今年は元日以外の平均が10枚と減っている。が、その代わりに新聞に刷込んだ広告が増大し始め、今や折込広告に取って代わる安定的収入源となって来た。
詳細は後述する、「新聞刷込み広告 調査分析そのF」をご覧ください。

 

新聞頁数は新年に入って順調に増えているが、広告枚数は変化なし(2021年1月1日〜3月31日)

 
2019年3月8日〜2020年3月5日までの業態別広告数と、2021年1月〜3月との比較
2019年3月8日〜2020年3月5日
 
2021年1月1日〜3月31日>20日の宣言解除で 全国民、ホッと\(^o^)/
3月
5日>2週間ぶりに折込広告20枚超え23枚、6日>10日ぶりにパチンコ店広告再開(^_-)-☆
7日
>1月、2月とゼロだった折込広告「バス旅行ツアー」が今年初の復活>GoToトラベルキャンペーン再開を目指す
13日医薬品この後、「旅行」関連の広告は、19日(奄美大島)では、21日・22日・28日・29日(国内全般・GoToトラベルキャンペーン再開を目論む)と、国民的に明るい雰囲気に包まれていた。



ところがギッチョン(◎_◎;)そうは問屋が卸さなかった(>_<)
折込広告は低迷の一途!新聞社は広告料確保を大命題と考え、折込広告の減少分を確保するため、刷込み広告で挽回することを思いつく! 4日から新聞の頁数が少しづつ増えた。
以降、40頁超えが連続的(約1週間)に月2回ほど起こるようになった。

25日>東京五輪の聖火リレーが福島県スタートして密集状態! 結果、関東圏から地方(宮城県)にまん延感染拡大!
更に、全面宣言解除で感染爆発!感染者一日2千人超え!

これは間違いなく感染リバウンドだ!!大坂再拡大で第4波の兆し!
30日>政府は全国初の大阪市・まん延防止適用を決定<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討
 

昨年との比較
業種

1日当たり平均広告数(枚)

増減% 要因
2019年3月8日〜
2020年3月5日
(364日)
2021年1月1日
〜3月31日
(90日)
@スーパー・モール 3.5 2.5⇒2.7 -30⇒-23 自粛生活で広告出さなくても客が来る?
A住宅・不動産 2.1 1.9⇒2.7 -10⇒+20 地価、建築費ともに値下がり!が、金がない?
B生活用品 1.9 1.6⇒2.3 -15⇒+20 洗濯して使うから新規に買わない?
Cパチンコ・遊技場 1.5 0.6⇒1.6 -60⇒+6.7 非常事態宣言で営業自粛?いや!ほぼストップ
昨年3月28日〜5月29日まで自粛して広告ゼロ
5月30日〜12月31日まで広告枚数249>月平均:35枚
今年1月:27枚、2月:7枚、3月:25枚
D医薬・美容・健康 1.3 1.1⇒1.9 -30⇒+46 体調不良訴えても医者の世話にはなりません
E飲食品・飲食店 1.2 1.0⇒1.9 -17⇒+58 外出自粛、自宅調理でスーパーウハウハ\(^o^)/
F車関連(給油・自転車 1.1 0.9⇒2.7 -20⇒+245 車買う銭がないのに誰が買うか??
G学習・催事 0.8 0.7⇒1.6 -12.5⇒+200 コロナで3密回避に徹する所存です(>_<)
H家電・携帯・PC 0.8 0.9⇒2.5 +12.5⇒+310 暖かい家庭はまずは暖房だ(^^♪
テレビはくだらないことばかりやってるから不要だ!
I求人 0.7 0.3⇒1.5 -60⇒+210 経済活動停滞で人手不足??
J共済・法人 0.4 0.5⇒1.3 +25⇒+325 ORICS保険・大活躍
K葬祭 0.3 0.2⇒1.0 -35⇒+330 この時期営業しにくい代表的業種
L旅行 0.2 0.0⇒1.0   GoToトラベル政策・大失敗で広告ゼロga!復活の兆し

結果

15.9 12.5⇒13.0 -25⇒-18 まだまだ広告量は低迷し続けている。
 

 
新聞刷込み広告 調査分析そのF  2021年3月31現在
データ採取方法改定>
【1】 従来は朝刊のみであったが、これに夕刊と日曜版を追加し、データ数を増やした。
【2】 従来広告の大きさは@全面、A1/2〜2/3面の2つであったが、11月からは4つ増やして、
@全面、A2/3、B1/2、C1/3、D1/4、E1/5、F1/6、G1/7、H1/15の 9項目とし、データ取り精度を高めた。

2021年1月・3項目追加、2021年2月・FとGを削除し 、H1/8、I1/15とする

 
参考資料>刷込み広告の2021年動向(データは無作為に抽出)
月日(曜日)  

新聞頁数
(朝刊+夕刊)

実質
新聞頁数

備考

実質広告頁数

全面 1/2 1/3 2/3ほか
1月1日(金) 42 6 9 0.6 57.6 88 30.4 明けましてビックリポン!おめでとう!
1月3日(日) 11 1.5 5.3 0.6 18.4 40 21.6 今年は広告収入でコロナ禍ガッツリ穴埋め
1月4日(月) 7 1 5 2 15 36 21 仕事始めもしっかり稼ぐぞぉ〜
1月5日〜7日 6 3 16 4.2 29.2 104 74.8 *1日平均25頁
1月10日(日)〜16日(土) 33 10 35.43 7.2 85.6 226 140.4 *1日平均20頁
1月17日(日)〜23日(土) 29 10 43.36 10.1 92.5 272 179.5 *1日平均25.6頁
1月24日(日)〜30日(土) 26 9 37.8 18.33 91.1 252 160.9 *1日平均23頁
2月16〜28日
13日間
総計 60 20 70.8 18.2 169 498 329 *1日平均25.3頁
一日平均 4.6 1.54 5.45 1.4 13 38.3 25.3
3月1日(月) 6 1 3.3 1.6 12 32 20 代表的広告量での実質新聞頁数
3月8日(月) 4 1 4.6 1.5 11 32 21 代表的広告量での実質新聞頁数
3月11日(木) 11 3 8 1.5 23.5 48 24.5 東日本大震災10年で刷込み広告大盤振る舞い
3月23日(火) 8

1/3広告含め大半がサプリ・健康・美容関連、合わせて11件。
更にDoToキャンペーン目指して旅行関連4件決死のガイダンス

3月25日(木) 6 3 6 1.5 16.5 46 29.5 非常に良心的だ!
3月28日(日)

6日連続の新聞頁数40頁以上!
29日(36頁)を挟んで30日48頁、31日42頁で、中身は仰天広告ラッシュ(◎_◎;)

3月31日(水) 9 1 4.6 0.5 15.1 34 19 朝刊のみだと、ほぼ半分は広告?(>_<)
                 
                 
 

ページトップへ

2021年05月
新聞折込み広告調査分析そのM  4月30日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆
広告はコロナ感染拡大で必ず減少する!
「外出自粛」で、自宅に籠るので旅行や飲食店やパチンコ屋などには出かけないから広告出しても効果なし(>_<)
すなわち、第1波4月、第2波9月、第3波12月。
第1波ではほぼ全国民が慎重に行動したが、第2波では「大した事」にはならないと気が緩み、11月からの第3波で日本もパンデミック状態となり、GoTo全国停止2週間発出(2020年12月28日〜2021年1月11日)
 
昨年の広告数(平均10〜15枚)が今年は元日以外の平均が10枚と減っている。が、その代わりに新聞に刷込んだ広告が増大し始め、今や折込広告に取って代わる安定的収入源となって来た。
詳細は後述する、「新聞刷込み広告 調査分析をご覧ください。
 
 

新聞頁数は新年に入って増加傾向にあったが、欧州変異種感染拡大以降、日本にも第4波襲来!
ともに減少傾向となった(2021年1月1日〜4月30日)

 
2019年3月8日〜2020年3月5日までの業態別広告数と、2021年1月〜4月との比較
2019年3月8日〜2020年3月5日
2021年1月1日〜4月30日
 
4月
1日>政府・大阪市のまん延防止適用を決定>全国初<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討
2日>東京五輪聖火リレーが1日、長野県から中部地方へ>密状態が心配
4日>42都道府県に感染拡大<変異種か?
5日>知事会、今日からまん延防止>第4波対策強化
7日>大坂、感染拡大!日本最悪状態
8日>大坂・兵庫、過去最多続く。東京も増加傾向でまん延防止要請準備
10日>3都府県(東京・京都・沖縄)まん延防止追加
12日>テレビ画面は「まん延防止」の文字が踊りまくる!
13日>高齢者(65歳以上)のコロナワクチン接種開始>対象者約3600万人
14日>大坂、初の1000人超え感染 緊急宣言の再々発令か?
15日>踊る!コロナ警戒報道!第4波襲来懸念!大阪・兵庫危ない!東京も変異株拡大
20日>大坂・兵庫、緊急事態宣言要請
21日>愛知・大坂・東京にまん延防止適用>第4波確定?
25日>3回目緊急事態宣言発令5月11日まで>4都府県(東京・京都・大坂・兵庫)
28日>インド・世界最多感染者>1日35万人
30日>コロナ感染>大坂・千人超え継続、東京・再千人超え、愛知・400人超え

3月
5日>2週間ぶりに折込広告20枚超え23枚、6日>10日ぶりにパチンコ店広告再開(^_-)-☆
7日>1月、2月とゼロだった折込広告「バス旅行ツアー」が今年初の復活>GoToトラベルキャンペーン再開を目指す
13日医薬品この後、「旅行」関連の広告は、19日(奄美大島)では、21日・22日・28日・29日(国内全般・GoToトラベルキャンペーン再開を目論む)と、国民的に明るい雰囲気に包まれていた。

ところがギッチョン(◎_◎;)そうは問屋が卸さなかった(>_<)
折込広告は低迷の一途!新聞社は広告料確保を大命題と考え、折込広告の減少分を確保するため、刷込み広告で挽回することを思いつく! 4日から新聞の頁数が少しづつ増えた。
以降、40頁超えが連続的(約1週間)に月2回ほど起こるようになった。

25日>東京五輪の聖火リレーが福島県スタートして密集状態! 結果、関東圏から地方(宮城県)にまん延感染拡大!
更に、全面宣言解除で感染爆発!感染者一日2千人超え!

これは間違いなく感染リバウンドだ!!大坂再拡大で第4波の兆し!
30日>政府は全国初の大阪市・まん延防止適用を決定<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討

 
昨年との比較>5月度は4月と同等値
業種

1日当たり平均広告数(枚)

要因
2019年3月〜
2020年3月
(364日)
2021年1月1日
〜5月31日
(150日)
@スーパー・モール 3.5 2.5⇒2.7⇒2.7 自粛生活で広告出さなくても客が来る?スーパーは依然好調(^_-)-☆
A住宅・不動産 2.1 1.9⇒2.7⇒1.8 地価、建築費ともに値下がり!ga金がない?
B生活用品 1.9 1.6⇒2.3⇒1.8 洗濯して使うから新規に買わない?
Cパチンコ・遊技場 1.5 0.6⇒1.6⇒0.8 第4波で2回目非常事態宣言!営業自粛?いや!全面閉鎖(>_<)
昨年3月28日〜5月29日まで自粛して広告ゼロ
5月30日〜12月31日まで広告枚数249>月平均:35枚
今年1月27枚、2月7枚、3月25枚、4月31枚、広告出せどお客さん来ず(>_<)
D医薬・美容・健康 1.3 1.1⇒1.9⇒1.1 体調不良訴えても医者が診てくれません(>_<)ボヤキ萬歳で憂さ晴らしするdo-
E飲食品・飲食店 1.2 1.0⇒1.9⇒1.1 第4波で外食自粛(>_<)、自宅調理の楽しい食事会で感染拡大(>_<)
F車関連(給油・ 1.1 0.9⇒2.7⇒0.9 銭がないのに誰が買うか??
G学習・催事 0.8 0.7⇒1.6⇒0.7 コロナで3密回避に徹する所存です(>_<)
H家電・携帯・PC 0.8 0.9⇒2.5⇒0.9 暖かい家庭はまずは暖房da(^^♪
テレビはくだらないことばかりやってるから不要da(^^♪
I求人 0.7 0.3⇒1.5⇒0.3 経済活動停滞で人手不足??求人すれど来るのはバカばかり(>_<)
J共済・法人 0.4 0.5⇒1.3⇒0.4 ORICS保険・大活躍!ga広告効果なし(>_<)
K葬祭 0.3 0.2⇒1.0⇒0.2 この時期営業しにくい代表的業種!コロナで死んだら葬儀も出来ない(>_<)
L旅行 0.2 0.0⇒1.0⇒0.1 GoToトラベル政策・大失敗で広告ゼロga!復活の兆し !gaやっぱりダメda(>_<)

結果

15.9 12.5⇒13.0⇒12.9 第4波感染拡大で2ヵ月前にre-turn(>_<)広告は低迷し続けている
 

 
新聞刷込み広告 調査分析そのF  2021年4月30現在
データ採取方法改定>
【1】 従来は朝刊のみであったが、これに夕刊と日曜版を追加し、データ数を増やした。
【2】 従来広告の大きさは@全面、A1/2〜2/3面の2つであったが、11月からは4つ増やして、
@全面、A2/3、B1/2、C1/3、D1/4、E1/5、F1/6、G1/7、H1/15の 9項目とし、データ取り精度を高めた。

2021年1月・3項目追加、2021年2月・FとGを削除し 、H1/8、I1/15とする

 
参考資料>刷込み広告の2021年動向(データは無作為に抽出)
月日(曜日)  

新聞頁数
(朝刊+夕刊)

実質
新聞頁数

備考

実質広告頁数

全面 1/2 1/3 2/3ほか
1月1日(金) 42 6 9 0.6 57.6 88 30.4 明けましてビックリポン!おめでとう!
1月3日(日) 11 1.5 5.3 0.6 18.4 40 21.6 今年は広告収入でコロナ禍ガッツリ穴埋め
1月4日(月) 7 1 5 2 15 36 21 仕事始めもしっかり稼ぐぞぉ〜
1月5日〜7日 6 3 16 4.2 29.2 104 74.8 *1日平均25頁
1月10日(日)〜16日(土) 33 10 35.43 7.2 85.6 226 140.4 *1日平均20頁
1月17日(日)〜23日(土) 29 10 43.36 10.1 92.5 272 179.5 *1日平均25.6頁
1月24日(日)〜30日(土) 26 9 37.8 18.33 91.1 252 160.9 *1日平均23頁
2月16〜28日
13日間
総計 60 20 70.8 18.2 169 498 329 *1日平均25.3頁
一日平均 4.6 1.54 5.45 1.4 13 38.3 25.3
3月1日(月) 6 1 3.3 1.6 12 32 20 代表的広告量での実質新聞頁数
3月8日(月) 4 1 4.6 1.5 11 32 21 代表的広告量での実質新聞頁数
3月11日(木) 11 3 8 1.5 23.5 48 24.5 東日本大震災10年で刷込み広告大盤振る舞い
3月23日(火) 8

1/3広告含め大半がサプリ・健康・美容関連、合わせて11件。
更にDoToキャンペーン目指して旅行関連4件決死のガイダンス

3月25日(木) 6 3 6 1.5 16.5 46 29.5 非常に良心的だ!
3月28日(日)

6日連続の新聞頁数40頁以上!
29日(36頁)を挟んで30日48頁、31日42頁で、中身は仰天広告ラッシュ(◎_◎;)

3月31日(水) 9 1 4.6 0.5 15.1 34 19 朝刊のみだと、ほぼ半分は広告?(>_<)
4月8日(木) 1 2.5 5 0.65 9.1 28 19 夕刊なし
4月24日(土)   0.5 1 0.87 2.4 8 5.6 夕刊のみ
4月30日(金) 4 1.5 5.3 0.65 11.5 34 22.5 朝刊26+夕刊8
                 
 

ページトップへ

2021年06月
新聞折込み広告調査分析そのN  5月31日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆
広告はコロナ感染拡大で必ず減少する!
「外出自粛」で、自宅に籠るので旅行や飲食店やパチンコ屋などには出かけないから広告出しても効果なし(>_<)
すなわち、2020年第1波4月(武漢ウイルス)、第2波9月(英国・ブラジル変異株)、第3波12月。
第1波ではほぼ全国民が慎重に行動したが、第2波では「大した事」にはならないと気が緩み、11月からの第3波で日本もパンデミック状態となり、GoTo全国停止2週間発出(2020年12月28日〜2021年1月11日)
 
そして2021年5月、インド発出の変異型ウイルスによる過去最大級・第4波襲来!日本にもその気配が着々となる。
 
 
昨年の広告数(平均10〜15枚)が今年は元日以外の平均が10枚と減っている。が、その代わりに新聞に刷込んだ広告が増大し始め、今や折込広告に取って代わる安定的収入源となって来た。
詳細は後述する、「新聞刷込み広告 調査分析をご覧ください。
 
 
広告枚数が日曜日と、5枚以下の曜日の推移
 
広告枚数が5枚以下の曜日<8日
>0114木4枚、0121木3枚、0208月5枚、0215月2枚(朝刊休刊)、0330火4枚、0426月5枚、0504火3枚、0506木0枚
>0215月と0506木は朝刊休みのため広告ゼロ
 
2019年3月8日〜2020年3月5日までの業態別広告数と、2021年1月〜5月との比較
2019年3月8日〜2020年3月5日
2021年1月1日〜5月31日
 

1日>私宛に 「コロナワクチン接種についてのお知らせ(2)届く
対象:75歳以上、5月6日から電話受付再開(コールセンター)、更に5月21日からネット予約受付開始
予約できる医療機関>11医院

1日>政府・高齢者対象コロナワクチン接種7月完了計画発表
2日>緊急宣言1週間>感染高止まり
3日>重症者・国内最多1050人、コロナ感染累計60万人
4日>重症者・連日最多1084人
5日>名城大・感染変異株を1時間半で判別
7日>緊急事態宣言>愛知・福岡追加で、計6都府県が、12日から月末まで
8日>IOC・バッハ会長来日見送り
9日>中部地方感染40代以下増加
12日>愛知県緊急事態宣言>感謝写最多578人、初の入院800人超え
14日>愛知・歯科医師が接種協力
15日>緊急宣言>3道県追加(北海道、岡山、広島)
16日>22都道府県ステージ4>新規感染5日連続6000人超え
17日>コロナワクチン・日本の接種率世界110位前後

18日>私宛に 「コロナワクチン接種インターネット予約についてのお知らせ」が届く
20日>予約コールセンターに「接種キャンセル」を通知>係員は何も言わず私の通知を了承した。

20日>報道は「星野源と新垣結衣の結婚発表&愛知・大村知事リコール偽署名問題と田村正和死亡で手いっぱい!
コロナどころではない
22日>沖縄・緊急宣言追加
25日>東京・大阪・愛知でワクチン大規模接種
28日>9都道府県、緊急宣言>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡<5月31日まで
29日>9都道府県+5県(埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重緊急宣言延長>6月20日まで
30日>五輪開催の可否問題で新聞テレビも大フィーバー>中止?・延期?・無観客?・決行?
 
4月
1日>政府・大阪市のまん延防止適用を決定>全国初<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討
2日>東京五輪聖火リレーが1日、長野県から中部地方へ>密状態が心配
4日>42都道府県に感染拡大<変異種か?
5日>知事会、今日からまん延防止>第4波対策強化
7日>大坂、感染拡大!日本最悪状態
8日>大坂・兵庫、過去最多続く。東京も増加傾向でまん延防止要請準備
10日>3都府県(東京・京都・沖縄)まん延防止追加
12日>テレビ画面は「まん延防止」の文字が踊りまくる!
13日>高齢者(65歳以上)のコロナワクチン接種開始>対象者約3600万人
14日>大坂、初の1000人超え感染 緊急宣言の再々発令か?
15日>踊る!コロナ警戒報道!第4波襲来懸念!大阪・兵庫危ない!東京も変異株拡大
20日>大坂・兵庫、緊急事態宣言要請
21日>愛知・大坂・東京にまん延防止適用>第4波確定?
25日>3回目緊急事態宣言発令5月11日まで>4都府県(東京・京都・大坂・兵庫)
28日>インド・世界最多感染者>1日35万人
30日>コロナ感染>大坂・千人超え継続、東京・再千人超え、愛知・400人超え
 
昨年との比較>5月度は4月と同等値
業種

1日当たり平均広告数(枚)

要因
2019年3月〜
2020年3月
(364日)
2021年1月1日
〜5月31日
(150日)
@スーパー・モール 3.5 2.5⇒2.7⇒2.7 自粛生活で広告出さなくても客が来る?スーパーは依然好調(^_-)-☆
A住宅・不動産 2.1 1.9⇒2.7⇒1.8 地価、建築費ともに値下がり!ga金がない?
B生活用品 1.9 1.6⇒2.3⇒1.8 洗濯して使うから新規に買わない?
Cパチンコ・遊技場 1.5 0.6⇒1.6⇒0.8 第4波で2回目非常事態宣言!営業自粛?いや!全面閉鎖(>_<)
昨年3月28日〜5月29日まで自粛して広告ゼロ
5月30日〜12月31日まで広告枚数249>月平均:35枚
今年1月27枚、2月7枚、3月25枚、4月31枚、広告出せどお客さん来ず(>_<)
D医薬・美容・健康 1.3 1.1⇒1.9⇒1.1 体調不良訴えても医者が診てくれません(>_<)ボヤキ萬歳で憂さ晴らしするdo-
E飲食品・飲食店 1.2 1.0⇒1.9⇒1.1 第4波で外食自粛(>_<)、自宅調理の楽しい食事会で感染拡大(>_<)
F車関連(給油・ 1.1 0.9⇒2.7⇒0.9 銭がないのに誰が買うか??
G学習・催事 0.8 0.7⇒1.6⇒0.7 コロナで3密回避に徹する所存です(>_<)
H家電・携帯・PC 0.8 0.9⇒2.5⇒0.9 暖かい家庭はまずは暖房da(^^♪
テレビはくだらないことばかりやってるから不要da(^^♪
I求人 0.7 0.3⇒1.5⇒0.3 経済活動停滞で人手不足??求人すれど来るのはバカばかり(>_<)
J共済・法人 0.4 0.5⇒1.3⇒0.4 ORICS保険・大活躍!ga広告効果なし(>_<)
K葬祭 0.3 0.2⇒1.0⇒0.2 この時期営業しにくい代表的業種!コロナで死んだら葬儀も出来ない(>_<)
L旅行 0.2 0.0⇒1.0⇒0.1 GoToトラベル政策・大失敗で広告ゼロga!復活の兆し !gaやっぱりダメda(>_<)

結果

15.9 12.5⇒13.0⇒12.9 第4波感染拡大で2ヵ月前にre-turn(>_<)広告は低迷し続けている
 

 
新聞刷込み広告 調査分析そのF  2021年5月31現在のデータ取りなし
データ採取方法改定>
【1】 従来は朝刊のみであったが、これに夕刊と日曜版を追加し、データ数を増やした。
【2】 従来広告の大きさは@全面、A1/2〜2/3面の2つであったが、11月からは4つ増やして、
@全面、A2/3、B1/2、C1/3、D1/4、E1/5、F1/6、G1/7、H1/15の 9項目とし、データ取り精度を高めた。

2021年1月・3項目追加、2021年2月・FとGを削除し 、H1/8、I1/15とする

 
参考資料>刷込み広告の2021年動向(データは無作為に抽出)
 

ページトップへ

2021年07月
新聞折込み広告調査分析そのO  6月30日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆
広告はコロナ感染拡大で必ず減少する!
「外出自粛」で、自宅に籠るので旅行や飲食店やパチンコ屋などには出かけないから広告出しても効果なし(>_<)
すなわち、2020年第1波4月(武漢ウイルス)、第2波9月(英国・ブラジル変異株)、第3波12月。
第1波ではほぼ全国民が慎重に行動したが、第2波では「大した事」にはならないと気が緩み、11月からの第3波で日本もパンデミック状態となり、GoTo全国停止2週間発出(2020年12月28日〜2021年1月11日)
 
そして2021年5月、インド発出の変異型ウイルスによる過去最大級・第4波襲来!日本にもその気配が着々となる。
 
 
昨年の広告数(平均10〜15枚)が今年は元日以外の平均が10枚と減っている。が、その代わりに新聞に刷込んだ広告が増大し始め、今や折込広告に取って代わる安定的収入源となって来た。
詳細は後述する、「新聞刷込み広告 調査分析をご覧ください。
 
 
広告枚数が日曜日と、5枚以下の曜日の推移
 
 
2019年3月8日〜2020年3月5日までの業態別広告数と、2021年1月〜5月との比較
2019年3月8日〜2020年3月5日
2021年1月1日〜6月30日
 

2021年6月>今月は15日左肩脱臼、22日両足痛風を疾病!

入院2週間という人生最大の危機に直面し、コロナ感染情報の収集とその分析を中断せり
1日>ワクチン接種・1000万人超え!人口の8%
3日>中部地域も64歳以下ワクチン接種開始
4日>五輪ボランティア辞退者続出
6日>陸上100mで山県亮太28才9秒95日本新記録樹立
9日>2年ぶり党首討論>野党・五輪開催理由追及⇒首相・曖昧答弁終始
10日>知事会提言>ワクチン接種加速、地域経済支援の要請
12日>緊急宣言、20日大半解除予定
15日>G7、東京五輪、G7全首脳支持>政府・観客数制限の緩和策浮上
18日>ワクチン接種が様々な場所(会場、職場、大学)で全国展開!
21日>9都道府県の緊急宣言解除>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡(沖縄は除く)
22日>7都道府県(北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡)は「まん延防止等重点処置」に移行。岡山・広島は完全解除
23日>重点措置対象の岐阜、三重は完全解除
以降、脱臼と痛風で闘病生活となり、パソコン操作不能!コロナ感染情報の収集を断念
 

1日>私宛に 「コロナワクチン接種についてのお知らせ(2)届く
対象:75歳以上、5月6日から電話受付再開(コールセンター)、更に5月21日からネット予約受付開始
予約できる医療機関>11医院

1日>政府・高齢者対象コロナワクチン接種7月完了計画発表
2日>緊急宣言1週間>感染高止まり
3日>重症者・国内最多1050人、コロナ感染累計60万人
4日>重症者・連日最多1084人
5日>名城大・感染変異株を1時間半で判別
7日>緊急事態宣言>愛知・福岡追加で、計6都府県が、12日から月末まで
8日>IOC・バッハ会長来日見送り
9日>中部地方感染40代以下増加
12日>愛知県緊急事態宣言>感謝写最多578人、初の入院800人超え
14日>愛知・歯科医師が接種協力
15日>緊急宣言>3道県追加(北海道、岡山、広島)
16日>22都道府県ステージ4>新規感染5日連続6000人超え
17日>コロナワクチン・日本の接種率世界110位前後

18日>私宛に 「コロナワクチン接種インターネット予約についてのお知らせ」が届く
20日>予約コールセンターに「接種キャンセル」を通知>係員は何も言わず私の通知を了承した。

20日>報道は「星野源と新垣結衣の結婚発表&愛知・大村知事リコール偽署名問題と田村正和死亡で手いっぱい!
コロナどころではない
22日>沖縄・緊急宣言追加
25日>東京・大阪・愛知でワクチン大規模接種
28日>9都道府県、緊急宣言>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡<5月31日まで
29日>9都道府県+5県(埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重緊急宣言延長>6月20日まで
30日>五輪開催の可否問題で新聞テレビも大フィーバー>中止?・延期?・無観客?・決行?
 
4月
1日>政府・大阪市のまん延防止適用を決定>全国初<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討
2日>東京五輪聖火リレーが1日、長野県から中部地方へ>密状態が心配
4日>42都道府県に感染拡大<変異種か?
5日>知事会、今日からまん延防止>第4波対策強化
7日>大坂、感染拡大!日本最悪状態
8日>大坂・兵庫、過去最多続く。東京も増加傾向でまん延防止要請準備
10日>3都府県(東京・京都・沖縄)まん延防止追加
12日>テレビ画面は「まん延防止」の文字が踊りまくる!
13日>高齢者(65歳以上)のコロナワクチン接種開始>対象者約3600万人
14日>大坂、初の1000人超え感染 緊急宣言の再々発令か?
15日>踊る!コロナ警戒報道!第4波襲来懸念!大阪・兵庫危ない!東京も変異株拡大
20日>大坂・兵庫、緊急事態宣言要請
21日>愛知・大坂・東京にまん延防止適用>第4波確定?
25日>3回目緊急事態宣言発令5月11日まで>4都府県(東京・京都・大坂・兵庫)
28日>インド・世界最多感染者>1日35万人
30日>コロナ感染>大坂・千人超え継続、東京・再千人超え、愛知・400人超え
 
 

ページトップへ

2021年08月
新聞折込み広告調査分析そのP  7月31日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆
広告はコロナ感染拡大で必ず減少する!
「外出自粛」で、自宅に籠るので旅行や飲食店やパチンコ屋などには出かけないから広告出しても効果なし(>_<)
すなわち、2020年第1波4月(武漢ウイルス)、第2波9月(英国・ブラジル変異株)、第3波12月。
第1波ではほぼ全国民が慎重に行動したが、第2波では「大した事」にはならないと気が緩み、11月からの第3波で日本もパンデミック状態となり、GoTo全国停止2週間発出(2020年12月28日〜2021年1月11日)
 
そして2021年5月、インド発出の変異型ウイルスによる感染爆発が世界中で発生!
過去最大級の第4波襲来!日本にもその影響が静かに押し寄せている。
欧米、中国などワクチン開発先進国では、その接種拡大で飲食店などへの外出が「マスクなしOK」ということになり、浮かれた国民がドンチャン騒ぎしている。

6月21日、オリンピックを前に政府は非常事態宣言を全国的に解除したが、その口が乾く前に、政府は7月12日、首都圏4自治体に「東京五輪が終わるまで、4回目の緊急事態宣言を発出した」もう、おまえ(政府)は死んでいる!
そんなことなどどこ吹く風の政府は7月23日午後8時、東京五輪は盛大に開会式が行なわれ、スタートした。
 
 
広告枚数が日曜日と、5枚以下の曜日の推移
 

ページトップへ

2021年09月
新聞折込み広告調査分析そのQ  8月31日現在
武漢ウイルスの世界感染拡大を受けて、2020年3月28日 から再び新聞折込み広告の推移を追ってみた。
これはとても面白いことを現わしていた(^_-)-☆  すなわち、
広告はコロナ感染拡大で必ず減少する!
 
「外出自粛」で、自宅に籠るので旅行や飲食店やパチンコ屋などには出かけないので広告出しても効果なし
第1波2020年4月(発祥中国・武漢2019年10月・COVID19)、
第2波2020年7月(変異株・南アフリカ2020年5月・βベータ株)(変異株・英国2020年9月・αアルファ株)
第3波2020年12月(変異株・ブラジル2020年11月・γガンマ株)、
第4波2021年7月(変異株・インド2020年10月・δデルタ株)
第5波????(変異株・ペルー2021年7月・λラムダ株)
 
第1波ではほぼ全国民が慎重に行動したが、第2波では「大した事」にはならないと気が緩み、11月からの第3波で日本もパンデミック状態となり、GoTo全国停止2週間発出(2020年12月28日〜2021年1月11日)
 
2020年と2021年の広告数は平均して10〜15枚で差異はないが、2021年は2020年のような突出が見られない
 
広告枚数が日曜日と、5枚以下の曜日の推移
 
新聞頁数と広告枚数
 
業種別分析
 

ページトップへ

 

 

 

ページトップへ

 

 

ホームページトップへ