知多半島有料道路にインターチェンジ新設

2019年
令和元年

10月〜12月                
トップページ
2020年
令和2年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年
令和3年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年
令和4年
1月 2月 3月                  

2019年10月30日
半島道路に併設されたサイクリングロードをウォーキングしたら、巨大な工事現場を発見
この工事は半島の物流向上を目的としたインターチェンジの新設だという
 
これは非常 〜〜に面白い(●^o^●)
 
モノづくりの家系に生まれ育ったので、工事現場が大好きである
モノ作りが専門の私としては見て見ぬ振りが出来ない
ということで、工事現場を徘徊することとなりました
(^_-)-☆お楽しみに(^_-)-☆
 
半島道路の右側に沿って走っている道路が通称「サイクリングロード」
その正面に見える黄色のクレーンが工事現場で、道路の左側にも重機が散見される
 
接近します
 
いま来た方向に転回
 
橋脚用の鉄筋構造物が加工され、生コン車が引っ切り無しに往来する
 
 

建設工程看板には完成2021年(令和3年3月31日)とある
今後、進捗状況をウォッチしていきます

 
2019年12月13日>正面前方(道路左側)に黄色のクレーン2基
 
この辺りはレクリエーション施設があったが、今は閉鎖されている遊休地
ただ、ここには半島でも有数の枝垂れ桜があり、花見の名所でもある
これがどうなるのか心配なので、現場監督者風の人物に尋ねる
と、「勿論、この木は残します」ホッ(^_-)-☆
 
 
これは橋脚??大きさは10m四方!!これは巨大だ(◎_◎;)
 
今までの景観は跡形もなく崩されてしまい、生コン車や、ダンプトラックが行き来している
 
インターチェンジ作るのに、これだけの業者が必要です(◎_◎;)
 
2019年12月16日>橋脚用基礎工事<固まりかけた生コンを手作業で破砕させ、鉄筋をむき出す
 
撤去した生コンの一部
 
前方では巨大なキリン型機械が生コンをゴーゴーと注入している
 
これを見るだけでこの工事の凄さが理解できる。胸がときめいてただただ見とれてしまう
 
2019年12月23日>橋脚用基礎工事完了?
 
ループ状道路?の橋脚工事
 
2019年12月26日>半島道路を挟んで、左右の工事進捗状況をパノラマでご紹介(^_-)-☆
地道からの眺望>田んぼと丘の間に細長く、橋梁工事が進む
 
 
前方に半島道路が見える
 
半島道路脇のサイクリングロードから向こう側の眺望
 
 
左側<半島道路>右側
 
右側
 
 
2019年12月31日>大晦日、孫と一緒に散歩方々工事現場を見学
道路はひっきりなしに車が走っているので、それが邪魔になってシャッターが切れません
 
昨日、雨が降ったので水が溜まっている。今日はさすがに大晦日!人っ子一人見えない
 
橋脚の鉄筋の組み立てが着々と進んでいる
上部の朱色の鉄骨は基礎の型枠ではないかと思う。
だとすると、いずれ解体されるはずである。
はてさて、どうなるのか?楽しみだ(^_-)-☆
 
2019年おしまい  ページトップへ

 
2020年1月11日>令和2年、正月明けの工事現場>橋脚増設準備
 
夕日がきれい(●^o^●)
 
 
 
 
 
 
2020年1月18日>西側パノラマ
 
 
 
 
2020年1月20日>コンクリート打ち込みはまだか?
 
雨が降ったり止んだりの愚図ついたお天気が続くので、現場はぬかるんで作業しにくい
 
2020年1月26日>次のステップに進んでいる。大いに楽しみだ
 
 
 
 
ページトップへ

 
2020年2月2日>東側工事現場
 
 
 
2020年2月3日>西側工事現場
 
前方は半島道路のインターチェンジ部
 
半島道路東側サイクリングロードからインターチェンジ西側を眺望
 
カメラ機能のパノラマを使ったが、ファインダーの移動が不適切だったのか?ガタガタしている"(-""-)"
 
 
前方:インターチェンジ工事現場の遠景(左側は半島道路)
 
 
橋脚足場の撤去
 
 
2020年2月7日>東側橋脚の足場撤去
 
 
2020年2月10日>東側橋脚前方に新たな橋脚工事準備?
 
2020年2月15日>リポート開始から4ヵ月半経過
道路西側の丘陵地はドンドン削られ、インターチェンジ橋脚用地への整備が進んでいる。
 
 
  右奥に緑色のネット発見
 
橋脚工事用構造体撤去。矢板はまだそのままだ!  
 
サイクリングロードから下に降りて東側工事現場の状況確認>橋脚のようだ!
 
この後、半島道路の高架を通って西側へ
 
 
 
2020年2月18日みぞれの中、巨大円柱型橋脚へのコンクリ打ち込みが心配になり、
16:30、いつものウォーキングではなく工事現場だけを点検するため出かける。
 
 
 
今回初めて、半島道路の下通路をくぐり、西側橋脚工事現場の写真を撮る。
 
 
作業予定の看板は10日間停滞している。
 
東側橋脚工事
 
2020年2月22日>東側橋脚の基礎工事
 
2020年2月24日>東側橋脚の工事現場
 
2020年2月28日>東側から半島道路越しに西側工事現場を眺望
 
 
 
 
東側橋脚工事は約1ヵ月養生中のようだ!
 
ページトップへ

 
2020年3月3日>東側巨大橋脚工事に進展あり<増設用足場設置
 
コの字型のコンクリート壁は何のためか?興味津々(^_-)-☆
 
足場が出来たら、橋脚用コンクリート打ち込み型枠をセットか?
 
2020年3月11日>インターチェンジ工事現場を遠景眺望からズームアップ
 
西側眺望 東側眺望
 
2020年3月20日西側橋脚が一部完成<パノラマ写真がうまくできず(>_<)3枚継ぎ接ぎした(^_-)-☆

完成した2つの橋脚
 
水路と農道
 
水路と農道の小さな橋から東側(インターチェンジ工事現場)眺望
 
東側橋脚工事の進捗状況>コの字型と思っていたが、箱型にするようだ!
 
いよいよ、円柱型橋脚のコンクリート打ち込みか?!?
 
2020年3月29日> 最近2,3日は雨が降ったり止んだりの鬱陶しい日が続いた。
が、久しぶりに青空出現で、サイクリングコースをウォーキングした。
半島道路にインターチェンジができるということでとても楽しみしている。
道路を挟んで、左(西)側と、右(東)側にはここを跨ぐ、巨大な橋脚工事が進んでいる。
 
東側
 
西側からの眺望
 
ここから少し後ろには地域の重要天然記念物「枝垂れ桜」が花を付け始めている。

ここには周囲にソメイヨシノもたくさん植えられている。上の写真の下の方を拡大した(写真は少し明暗を強調加工した)

ページトップへ

2020年4月6日>快晴が続くなか久しぶりに半島道路ウォーキング
まずは桜咲く景色をパノラマ写真撮る。
この撮影はカメラを水平に移動させないといけないが、体勢が定まらない場合もあって、
上下にぶれてしまう。しかし今回、珍しい写真を撮ることが出来た。

全くの偶然だったと思うが、道路を通行中の大型トラックが私の前を高速で通過した瞬間のパノラマ写真です。
道路は南北の直線道路で、左側から右方向にインターチェンジの工事風景を撮影していた。

このとき、一瞬大型トラックが目の前を通過したが、気にせずゆっくりとカメラを右方向に回し、撮影を終えた。
帰宅して、写真を見るとなんとなんと?、運転席部分だけが映っており、荷台部分が消えていた。
どうしてこんな写真になってしまったんかビックリポンでした(´・ω・`)
 
ここの桜は有名です。
正面にはこんもりとした森があったがインターチェンジ工事により削られ、坊主になってしまった(◎_◎;)
 
ソメイヨシノの並木はいま満開ですが、その奥の名物「枝垂れ桜」は既に散っており、1週間の命でした"(-""-)"
 
さて、改めてインターチェンジ工事の現場を確認。
@道路東側から西方向の眺望(森林方向を遠方から徐々に近ずいて何枚か撮る)
 
遠方からの撮影終了
 
近距離からの眺望 >山桜は満開であるが、隣の枝垂れ桜は既に花は散り、青々としている(黄色の重機の奥)
 
東側(右)工事現場では巨大な橋脚の鉄筋工事中。これが終わればコンクリートの打ち込みである。
 
桜並木と菜の花が綺麗(●^o^●)
 
サイクリングロードから下に降りて、改めて枝垂れ桜とソメイヨシノの並木を鑑賞
枝垂れ桜は既に散り、緑の葉に代わっていた。
 
この光景をタテ型3枚に分割して撮影
 
2020年4月10日>巨大橋脚の足場全貌
 
 
 
東側パノラマ写真
 
西側パノラマ写真
 
2020年4月15日>道路を挟んで東側から西側にカメラを移動
 
 
 
 
道路を挟んで、向こう側が西方向、右側が東方向(パノラマ写真)
 
西側方向拡大(パノラマ写真)
 
道路を挟んで西と東(パノラマ写真)<道路を走る車は以前と同じく何か変(◎_◎;)
 
東側方向拡大(パノラマ写真)
 
2020年4月19日>西側道路沿いの現場
 
2020年4月28日> 東側巨大橋脚のコンクリートの打ち込みが始まっているか確認するため工事現場へ
と、ほとんど人影なし?橋脚の上に4,5人の作業者が何やら片付け仕事を行っている
そっか(^_-)-☆明日29日は旗日(昭和の日)で以降GWなのだ(^_-)-☆
そこで、サイクリングロードのウォーキングに切り替え(^^)v約1時間の速歩で汗を流す
 
2020年4月30日> 散歩方々インターチェンジ工事現場へ!
今日はすべての出入り口が閉ざされており、GW突入のようだった。
 
有料道路の東側(手前)の巨大橋脚2基と、その間から遠くに見える道路向こう側の巨大橋脚1基
 
最手前の橋脚工事現場>鉄筋の敷設

ページトップへ

2020年5月9日>GWあけに工事現場に行くと東側橋脚の足場撤去作業が終わりかけていた。
キリンさんのコンクリート打ち込みが見られなくて残念(◎_◎;)
 

ページトップへ

2020年6月4日> 歩けるようになったのでリハビリ兼ねて散歩で定点観察
5月は9日が最後の定点観察なので、約1ヵ月ぶりである。が、工事は意外にもほとんど進んでいない
今後の関心は本道からの誘導路がどのように橋脚につながるのか?である(^_-)-☆
 
本道東側からの眺望>左端橋脚は完成している。
その右側のブルーネットで覆われている
巨大橋脚はまだ完成していない
本道脇のサイクリングロードからの眺望
手前の巨大な堀は何であろうか(^_-)-☆
地下駐車場のようにも見える??
手前橋脚は左側の本道を跨ぐ方向を向いているが、奥のブルーネットで覆われた橋脚は有らぬ方向を向いている
面白い(^_-)-☆興味津々(^_-)-☆
 
本道西側の工事進捗状況(写真3枚)
後方の丘陵は公園であったが、ほぼすべてがインターチェンジ建設のために破壊されてしまった。
年々、分譲住宅地化している半島であるが、その影響がここまで及んできたことを残念に思う。
工事現場ズームアウト
 
2020年6月20日2週間ぶりに工事現場に足を運ぶ(^_-)-☆お天気も良く、ゆっくり見させてもらった。
基礎的な工事はほぼ終わったようで通路が開通されているので現場が目の当たりに見られた\(^o^)/
 
まずは、有料道路東側の新調状況>主橋脚は完成している。後は高架の敷設である。
右側からの水を左側の大きな池に排水する配管工事
今までの道路を貯水池寄りに変更
ここからサイクリングロードに上がり橋脚を定点観察

両端はサイクリングロード>左側は北方向、右は南方向

ここから半島道路の高架下をくぐり、西側に移動
通路が舗装されている
この辺りは広大な稲田
名物桜「枝垂れ」も喧騒から解放された(●^o^●)
ドンドンと西方向に向かう
半島道路の向かう南方向
東方向 西方向
北方向>丘陵地帯が完全に破壊されている。一体何ができるのであろうか??
 
グルッと1周しました(^_-)-☆>両端は東方向、中央道路は西方向
 
稲田は延々と後方の隣の町にも続いていきます
 
2020年6月24日> コンクリート打ち込み

ページトップへ

2020年7月7日
半島道路東側の橋脚群
 
西側橋脚工事現場(右上土手は半島道路)
 
東側工事現場
 
7月は雨続きで工事の進捗は激減してしまった。
散歩かたがた、何度も現場を定点観察したが、ほとんど進行していない。
 
今年の7月はほぼ昨年同様ジメジメして、晴れ間がほとんどないお天気が続いた
降雨日数を昨年と比較すると、昨年10日、今年14日。今年の方が多い。ちなみに、5月からの比較もしてみると?
昨年>5月:1日+6月:7日+7月:10日=18日    今年>5月:4日+6月:7日+7月:14日=25日

ページトップへ

2020年8月2日>8月は厳しい暑さになることが予想される。が、
工事は佳境に入りつつあり、目が離せないので、小まめに観察したい。
 
半島道路西側ビュー>右:名古屋方面、左:半島先端方面
後方の丘陵の半分ほどがインターチェンジ関連スペースで、右端の橋脚から左端の橋脚まで誘導路が構築される。
 
右側(半島道路)の先に道路を跨ぐ橋脚あり
 
半島道路東側ビュー>正面フェンス(灰色)とその向こう側の緑色フェンスの間の重機は、
名古屋方面からの車を誘導する橋脚建設現場
 
誘導路は正面奥の完成橋脚から、右側の重機辺りに建設した橋脚を通り、大きく湾曲して左図の橋脚を通る。
 
 
2020年8月6日>散歩を兼ねて西側現場観察
東側から西側に誘導された車はここで、県道につながる。
西側スペースは広大な田んぼが広がっている。
西方向>県道への誘導路 東方向>半島道路
 
2020年8月8日>名物枝垂れ桜は間違いなく保存されている(●^o^●)
 
 
2020年8月20日>早朝、散歩方々サイクリングロードを歩く。両側には雑草が覆いかぶさるように茂る。
管理組合?は走行の安全を確保するため、酷いところから刈り取り始めた(^_-)-☆
遠方にインターチェンジ橋脚が見える
狭い部分は両側を刈取り始めた
蔦系統の雑木をとりあえずフェンス内だけ刈り取る
 
半島道路東側には新しい橋脚工事が始まった。この橋脚は本道から出てきた車を西側の広い管理区域に誘導するもののようだ!

掘削機で橋脚用基礎を掘削中。
名古屋方面から下りてきた車は、左側に出来ている橋脚から、ここに出来る橋脚(右下)を通り、

その右側に見え隠れしている橋脚から、更に半島道路を跨いで右端に見える橋脚を通る。
橋脚の横下には農家の宅がある。うるさいのではと推察する。よく了承したと思う!
 
2020年8月30日>いよいよ東側橋脚用のボーリング作業開始
 
半島道路西側の巨大な貯水池工事が着々と進んでいる
 
西側詳細
 
頭を垂れて、黄色く色づいた稲穂が収穫を待っている。
 
誘導路西側の貯水池
 
 
2020年8月31日>今年最初の稲刈り<ブロックごとに時差植えしているので作業が楽である。

ページトップへ

2020年9月2日> 早朝の東側橋脚工事現場<支柱部分地盤の刳り抜き掘削
 
2020年9月18日>早朝の東側橋脚工事現場<橋脚ベースの鉄骨工事
 
早朝の西側橋脚工事現場<貯水池工事現場
写真左から>左側橋脚⇒有料道路⇒東側橋脚⇒朝焼け空
 
2020年9月27日(10:27)>久し振りにサイクリングロードをウォーキングした。キン斗雲のような雲が連なって飛んでいた。
孫悟空が乗っているかとしばらく眺めていたが、京劇のような金ぴかの姿は見当たらなかった(^_-)-☆
 
2020年9月28日(6:38)>このインターチェンジには巨大な人口貯水池が6個作られつつある。
山林は半分ほど削られているが、それでもここから流れ出る水量は膨大であり、その受け皿が必要となる。
 
2020年9月30日(6:27)>早朝の散歩で珍しく重機が2台動いていた。
いよいよ半島道路を跨(また)ぐ巨大橋脚2ヶ所のコンクリート打ち込みが始まるか(^_-)-☆
 

ページトップへ

2020年10月3日(早朝6時頃> 橋脚コンクリート打ち込み準備
 
2020年10月4日(早朝6時頃> 西側工事現場とコメ収穫が進む稲田
 
2020年10月7日(早朝6時頃> 橋脚基礎工事
 
2020年10月16日> 橋脚基礎コンクリ工事
 
2020年10月30日6:30>朝日に輝く工事現場<土留めの矢板を撤去(奥の橋脚はまだ工事途中)
車は左奥橋脚(ほぼ完成)から今工事中の二つの橋脚を通って、背後のほぼ完成している橋脚へと向かい、
半島道路上をまたいでほぼ完成している橋脚から、田んぼの真ん中にほぼ完成している誘導路へと向かう。
と、思っているが?ハテサテどうなることやら?大いに楽しみである(●^o^●)

ページトップへ

2020年11月1日> 東側に並んで2本の橋脚が基礎工事を終え頭を出した。
名古屋方面からの車を4つの橋脚で大きく右に誘導し、半島道路を跨いで更に西側に誘導させ、県道へと導く。
反対側から
西側の誘導路工事現場>森林が伐採され、山肌があらわに露出している。
重機で森林を切り開く
誘導路橋脚はほぼ完成
 
2020年11月4日16:14>夕日の工事現場
東側
西側
2020年11月5日>西側・ 森林伐採現場

2020年11月6日>東側工事現場パノラマ写真

2020年11月8日16:07>夕暮れ迫るなか、東側・いよいよ橋脚工事
 
2020年11月20日>東側工事現場<重機総動員で橋脚の設置と増設の鉄筋準備

   

サイクリングロードからの工事現場パノラマ写真

西側工事現場パノラマ写真>ここから出てくる地下水を処理するため沢山のコンクリート製の人口池が出来た
 
樹木は重機で伐採され緑の山林の三分の二が無残なはげ山になってしまった。
 
 
2020年11月21日>東側脚注工事<東側方向眺望
 
2020年11月22日>東側脚注工事<西側方向眺望
 
2020年11月29日>久しぶりにサイクリングロード・高見から東と西の工事現場を観察
東側
 
西側

パノラマ写真

森が消えてしまう(◎_◎;)  これで、生態系は完全に壊れてしまう(>_<)

ページトップへ

2020年12月19日
東側橋脚工事現場は慌ただしい!どうやらほぼ直角に曲がる誘導路ができるみたいだ!
 
右側の壁は現在使用中の有料道路。
奥に見える白いきょう客の上を
西側は橋脚工事もさることながら、
山からの出水・貯水池建設でてんてこ舞い"(-""-)"
 
森林がなくなろうとお構いなしに重機が木を切り倒し、溝を掘って山水路を構築している。
既に半分以上が赤い山と化した。手前の伐採木は工芸用なのか?
はたまた大晦日に神社の「ドントヤキ」用焚き木のようだ(◎_◎;)
 
2020年12月27日>ソロソロ足場撤去だ! 2020年12月31日>誘導路は右手前と左奥の橋脚との間の
二つの橋脚4ヶ所に架けられる

2020年12月31日>有料半島道路を挟んで東西のインターチェンジ工事現場をパノラマ写真で眺望
  左>西側  中央>半島道路  右>東側   前方>北側

ページトップへ

2021年1月17日> 正月明け、雪雲たなびく散歩コースをゆっくり散策
有料半島道路西側沿線で重機が動き出し、新たな作業が始まっていた。
西側には更に奥の方に森林を伐採した広大な空間が広がる。
私の予見>アウトイン・ゲート&サービスエリア

パノラマ写真

西側工事現場の個別写真
 
森林が伐採され、地肌むき出しの誘導路建設用地
 
農業用水の左右は稲作田んぼ用地。遠方はインターチェンジ出入口誘導路
 
西側工事現場詳細>巨大貯水池2つ
 
貯水池周辺のパノラマ写真
 
東側工事現場>ソロソロ型板を取り外し、資材を片付け始めた。
 
2021年1月26日
名古屋方面からの出口誘導路は東側からほぼ90度に湾曲配置した、
4カ所の橋脚を経由して、半島道路を跨ぎ、西側に誘導され、出口(古場街道)に導かれる。
サイクリングロードから橋脚4基を眺望 立木を避けて橋脚4基の配置を確認
伐採されて赤茶けた山林の排水は左のコンクリ製貯水池で貯水され、
溢れたものから4基の橋脚の下を潜って、右に見える貯水池(新池)に流入。
ここから浅水川を経て、最後は衣浦湾に至る。

ページトップへ

2021年2月21日> 東側<橋脚が真上にしっかり立っている(^^)v いよいよ橋梁の設置か\(^o^)/
 
西側>誘導路ほかの土手が雨で流れ落ちないよう植物の種を噴霧した(^_-)-☆
こちらは土手にバーク堆肥のような木くずが散布されている。
 
誘導路と、排水溝と、両側土手の黒褐色バーク堆肥が綺麗だ(^^♪
半島道路脇に新しい誘導路が出来るようだ?!?
 
2021年2月22日> 半島道路から下りてきた車が料金所を通って、県道と合流する誘導路は完成した。
 
サイクリングロードに上がって、東側(右)から西側を跨ぐ橋梁を支える橋脚の林立を写真に収める

ページトップへ

2021年3月5日>誘導路橋梁工事
 
2021年3月14日>誘導路橋梁工事 2021年3月16日>東側から西側誘導路橋梁工事
 
2021年3月20日>東側から西側への誘導路橋梁工事
右手前の橋脚から左橋脚2ヶ所を90°
転換して有料半島道路を跨いで、
正面前方の西側橋梁へ誘導される
東側には正面に貯水池(新池)があり、
その向こうに保育園がある
 
右側は有料半島道路(前方:名古屋方面)
 
左側道路脇に名物の枝垂れ桜が5分咲き(●^o^●)
後方は橋脚と橋梁工事現場
 
3月20日>橋梁工事(左側は有料半島道路)
名古屋方面から東側橋脚4個を経由して正面の橋梁を通り、料金所へ向かう

ページトップへ

2021年4月5日>誘導路橋梁工事 <着々と橋梁が伸びている
 
有料道路を跨いで北側からの車を
右から左に誘導する橋梁
誘導された車は右側から大きく迂回して正面奥に見える道路へ
この道路は既に舗装されている。
 
2021年4月19日>そろそろ東側から橋梁工事が始まりそうだ!
名古屋方面(北)から来た車をほぼ直角に誘導して⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒有料半島道路を跨いで西側(右写真奥)の橋梁へ導く
遠方:有料半島道路の東側橋脚、手前:有料半島道路の西側橋梁工事中
西側工事現場>山林を大きく伐採整地していったい何が出来るのか?!とても楽しみだ(^_-)-☆
手間アスファルト道路は、上の写真の白い橋梁から走って来た車が一般道路に出るための誘導路

左側奥の巨大空き地はいったい何ができるのか楽しみだ(^_-)-☆>この大きさだとSA以外には考えられない。

 
2021年4月20日>パノラマ写真<右側:東、左側:西側
写真右側の高架は有料半島道路を跨いだ橋梁を走り、料金所経由で一般道へ。
中央のアスファルト道路は山林側からいきなり一般道に出るので、目的が分からない。

ページトップへ

2021年5月2日>ゴールデンウィークで散歩方々インターチェンジ工事現場を観測しながら散歩
有料半島道路の東側から西側に延びる橋梁建設現場
北側からくる車は左写真のほぼ直角に方向転換する誘導路を曲がり、有料半島道路を跨いで、右の写真の橋梁を通過する。
東側 西側
この写真は西側から東側の眺望
 
工事予定看板が消えて2年近くが経過するが、突然、建設予定が表示され、ビックリポン(>_<)
当初の完成予定は、2019年(令和1年)12月の看板では、令和3年(2021年)3月31日であった。
この看板はいつの間にか撤去され、消えてしまった"(-""-)"

当初の完成予定の3月を過ぎても、上の写真のように橋梁も出来ていない現状である。
工事が1年も遅れた理由を現わす看板も掲示されず、ただただ漫然と計画が進行しており、
、5月になって、新しい建設予定が掲示され、1年間遅延の連絡が入った。
いったいどんなことで計画が遅れたのであろうか??
異常気象、山林水増量、コロナで作業員確保困難など想定外事案が発生したか(◎_◎;)
 

 
2021年5月19日>半島道路を跨ぐ橋梁
ここで、ほぼ直角に誘導路は曲がる
半島道路西側からの眺望>この後、鉄骨製の橋梁が次から次に押し出されて橋脚と橋石に架けられる!と思う(^_-)-☆
 
2021年5月29日>半島道路の東側
正面奥に橋梁が見える。橋梁は左から大きく湾曲して、正面右の橋石へ
 
橋脚3カ所と橋石1カ所の全景(パノラマ写真)
 

とても暑い日だった!自撮りで記念写真

半島道路西側>大規模工事の仕掛けは撤去されてサッパリ!

ページトップへ

2021年6月5日> 東側への橋梁設置工事の行く末を追跡!
@遠景 A徐々に接近します。
B橋梁サポート用橋脚2カ所の建設工事中
工事中なので警備員が立っている。
右側歩道しか通れない。
C更に接近します D、右端>半島道路を跨いだ橋梁が東側1個目の橋脚に設置
その左が1個目のサポート用組立橋脚
そのまた左が2個目の橋脚
そこからほぼ直角に手前に曲がる
E右側歩道に沿って工事現場に最接近 F振り返って2個目の橋脚から左奥の橋石までの眺望
 
G半島道路高架橋下を潜り西側に進む
 
そのまま更に西側のインターチェンジ料金所への誘導路まで進む
H右端に見えるのが半島道路を跨ぐ橋梁
正面奥では樹木が伐採されて山肌が露出している。
巨大な空き地には何ができるのでしょうか??
I誘導路を下りてくると地道にたどり着く。
その向こうの森もすっかり伐採されて平地になっている。
この広い用地は何が出来るのでしょうか??
 
半島道路西側は広大な水田が広がっている。ここは何世紀も米作りの地であった!現在、田植えの真っ盛りでした。
 
帰り道、半島道路脇のサイクリングロードに上がって東側誘導路の橋梁工事を眺望する。
 
2021年6月8日>橋梁を支持する仮設橋脚が、橋石1個と橋脚3個との間に3カ所設置された。
右端半島道路沿いの第一橋脚の下に鼠色の物体を2個発見
 
同じものが2個>手前から向こうの橋脚までは、直線ではなく、緩やかに湾曲している。
このパーツは湾曲した橋脚間を円滑に接続させるためのユニバーサルジョイントだと思う。
 
2021年6月12日>晴れが三日続いて曇になった今日、
涼しくなってきたので、半島道路脇のサイクリングロードを1ヵ月ぶりにウォーキング(7.5Km)
右足のふくらはぎを肉離れしてリハビリを続けてきたが、1年経過した今でもまだシビレ感が消えない。
昔、同じ怪我した友人は全治に3年かかったと言った。私は3年で治るだろうか"(-""-)"とても心配だ(◎_◎;)

ページトップへ

6月15日の脱臼事故と、続く6月22日痛風擬きの蜂窩織炎症状のダブルパンチで入院
肩と足の2重苦で精神状態はズタズタ!(>_<)!足の痛みが治まったので7月4日ひとまず退院したが、
脱臼治療は私の生活環境復元のためにも最重要課題である。
 
 
2021年7月9日
東側に設置された、ほぼ90度湾曲橋梁 西側橋梁は全て東側に設置され、西側は土手面舗装道路となる
東側橋梁(左)にもうすぐ届く橋梁。右方向に大きく湾曲して西側方向へ、この先に有料半島道路がある。
 
2021年7月11日
東側眺望>最後の橋石に橋梁が載った(^_-)-☆
 
橋脚上の誘導路は右サイクリングロードに平行する半島道路を跨ぐ
 
半島道路脇から西側誘導路を眺望 県道・古場街道から西側料金所への誘導路を眺望
 
東側保育園(左奥)から、湾曲した白い誘導路(正面奥)を眺望

2021年7月27日> 橋梁工事も最終段階


ページトップへ

2021年 8月31日>今月は前半3週間はほとんど雨!ところが後半2週間は一転連日の猛暑!
ということで、インターチェンジ建設工事現場には、この日が最初で最後となりました(●^o^●)

6月15日の肩脱臼で2ヶ月間の総合病院通い。車の運転は出来ないので弟の世話になった。
車の運転はまだまだなので、遠方の総合病院から、整形科を有する家の近くのクリニックの世話になる。
8月30日、改めてMRI検査!検査時間は40分であったが、動けば画像がブレるので、絶対静止

腕を身体の脇に置いて、そのままジッと40分静止!これは、大変な苦痛であった。
途中で身体が熱くなり、冷や汗が出て、腕がプルプルと揺れる。
この時のために持たせてくれた緊急押しボタンを押す。

医師に「あとどのくらいですか?」と、尋ねると「20分経過したところです」いやー参りました(>_<)
まだ、残り20分ある(◎_◎;) 身体の振るえと脂汗をさらに出さないと行けないのか(>_<)
俺は男だ!こんなことでへこたれるようでは情けない!

そこで、考えました。
最初の20分間は、苦痛で脳が洗脳されてしまった!
後半20分は、脳が苦痛を感じないように残り時間を「数」を数えることに集中する。
具体的には1分・60秒なので、1秒をできるだけ正確に60回頭の中でカウントし、
その後「1分」と脳裏に刻む。これを20回繰り返す。結果は20回(分)と40秒でMRI停止。
自慢じゃないが(^^)v正確なカウントにビックリポン(^_-)-☆
日頃のウォーキングの成果が発揮された\(^o^)/
 
左は誘導路、右はいつもの散歩道 散歩道を進んでいくと前方が明るくなってきた
 
2020年11月29日>1年前の二股道路<右側の山林が今、なくなった
 
鬱蒼とした山林が消えてしまった いま来た方向
 
正面奥>名古屋方向からの誘導路、
右端>半島道路サイクリングロード
いま来た方向
 
2019年10月30日の眺望>この緑色は今、全て無くなった
 
2020年4月15日の眺望>有料自動車道の両側の山林は全て消えた
 
2021年5月29日の眺望>ここから見える山林は全て消えた
 
改めて2021年8月31日の姿をご覧ください
サイクリングロード脇の樹木が全て撤去された
 
山林の巨木を切断して重機で根を掘り起こし、山積になっている
 
サイクリングロードの中間点では、一旦地道に下りる。自動車進入禁止のポールが立ててある。
 
2枚合成写真>左側の有料自動車道から下りた車は丸坊主になった山林の上を走り、右側の白い誘導路に向かう。

ページトップへ

 
 
 
 
 
 
 
 

ページトップへ

 
 
 
 
 
 
 
 

ページトップへ

 
 
 
 
 
 
 
 

ページトップへ

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

ホームページトップ