中国・湖北省武漢市発祥
新型コロナウイルスの世界的感染爆発顛末記

  
(引用:ウキィペディア)

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

HPトップ

プロローグ

2020年2月

武漢ウイルス・日本襲来>第一報道(中日新聞・2月5日夕刊)
この記事は感染者の検疫を我が自衛隊の総力結集が奏功したことを隠しており、
死者が出なかった自衛隊の対応は賞賛されるべきである。が、そのすべてが報道されていない

 

ページトップへ

2020年3月

 わが街 愛知県の感染者と感染経路

2020年3月29日(日曜日)の新聞のテレビ番組表を見て気が付いたことがあった。
時あたかも、東京都の新型コロナウイルス感染者が、突然26日から40人超えで推移した。
そこで、日曜日の新聞テレビ番組表を仔細に調査した。

「新型コロナ」限定の報道番組数>19件

テレビ局名 番組数

内容

@東海テレビ 7:30ザ・プライム、10:00ワイドナショー、22:00Mr.サンデー
ANHK・Eテレ  
BNHK・総合 新型コロナ最新(生活)情報>9時、10時半、11時、11時10分、13時、14時半、15時、17時、18時
C中京テレビ 7:30シューイチ、18:00真相報道バンキシャ!
DCBCテレビ 8:00サンデーモーニング、9:45サンデー・ジャポン、11:45あっこにおまかせ
Eメーテレ 5:55サンデーLIVE、00:00たけしのTVタックル
Iテレビ愛知  

珍しい社説を見たので、記念に我がブログに貼り付けた(^_-)-☆
中国政府に真っ向勝負はアッパレ\(^o^)/

今後も自国の政府をいじめるだけでなく、世界の勧善懲悪を徹底すべし

ページトップへ

2020年4月

  

20200423 20200430
   

プロローグ おしまい  ページトップへ

4月7日の七都府県への緊急事態宣言発出 1ヵ月後の5月7日、収束のめどがたたないので緊急事態宣言を延長した。その後の経過は、国民の意識向上で漸減している。
5月25日、政府は感染者数が峠を越えたということで、緊急事態宣言を解除した。

しかし、その後も感染者は波状的に増減を繰り返した。大都市圏については民度の低さなのか、目先の金儲けが第一なのか、第2波の来襲を待っている様な経過をたどっている。特に東京都は勝手気まま集団が多く、東京ロックダウンも考えないといけない気がする

2020年5月
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのA
前号で新聞の朝刊のテレビ番組表で、新型コロナ関連報道の件数について紹介したが、
今後、これを本格的に追跡したいと思う。
Eテレは番組表上に「コロナ」関連の表現があったのは1か月間で1件のみだった。以降もなし
 
テレビ局別・日別・曜日別データ
考察
@ 報道の重要度は4月7日の緊急事態宣言から2週間後をピークとして減少傾向
   これは感染の動向と近似しているが、面白いことに重要度はNHKと相似しており、民放は無関係
 
A 民放はほぼ一定の報道体制で、午前〜午後7時までをコロナ関連報道とし、
   ゴールデンタイムはバラエティ重視となる
 
B 民法は芸人が新型コロナに感染したり死亡した場合は圧倒的な報道体制を構築する
   NHKはさらっとニュース番組で放送するだけ。
例1、志村けん(3月30日死亡)>31日12件(東海4件、中京&CBC各3件、メーテレ2件)
    4月1日3件(東海・中京・CBC各1件)、2日4件(東海4件)
例2、石田純一(4月16日感染)>16日11件(CBC7件、東海4件)
例3、岡江久美子(4月24日死亡)>24日17件(東海4件、中京4件、CBC6件、メーテレ3件)
    25日4件(東海1件、中京1件、CBC2件)、26日5件(東海1件、中京1件、CBC2件、メーテレ1件)
ここには追悼番組は入れていないが、以降も特集番組編纂して哀悼を表していた。

ページトップへ

2020年6月

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのB  

前号で新聞の朝刊のテレビ番組表で、新型コロナ関連報道の件数について紹介したが、
今後も継続的にこれを追跡し ていきます。

Eテレは番組表上に「コロナ」関連の表現があったのは1か月間で1件のみだった。以降もなし
 

テレビ局別・日別・曜日別データ

三重県亀山市の小中学校のコロナ対策食事法(6月2日)

 
6月12日、”アベのマスク”到着
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのC  2020年6月30日

前号で新聞の朝刊のテレビ番組表で、新型コロナ関連報道の件数について紹介したが、今後も継続的にこれを追跡します

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

 

テレビ局別・日別・曜日別データ の棒グラフ版

ページトップへ

4月7日の七都府県への緊急事態宣言発出 1ヵ月後の5月7日、収束のめどがたたないので緊急事態宣言を延長した。その後の経過は、国民の意識向上で漸減している。5月25日、政府は感染者数が峠を越えたということで、緊急事態宣言を解除した。しかし、その後も感染者は波状的に増減を繰り返した。

大都市圏については民度の低さなのか、目先の金儲けが第一なのか、第2波の来襲を待っている様な経過をたどっている。特に東京都は勝手気まま集団が多く、東京ロックダウンも考えないといけない気がする。
 
7月に入り、緊急事態解除!
GoToキャンペーンで人の動きを活発化し、経済活性化につなげようと企むが、緩み切った東京の若年層がホストクラブ・カラオケ・飲食店などで遊興三昧! 感染者が100人を超える事態となった。この状況は留まるところを知らず、あれよあれよの感染者急増と合いなった。第2波襲来

7月22日、「GoToトラベル」東京発着以外で開始

結局、国内全域で感染者最多記録続出>東京463人、大阪216人、愛知193人(感染者年齢は30代68%)、岐阜県知事は31日、状況を第2波と認識し独自の非常事態宣言を発令した。

7月31日現在の国内感染者は最多記録を更新する1577人 、感染者累計3万人超、死者累計1000人超えとなった。しかし、専門家はバカの一つ覚えで「弱毒化」を否定、メディアは警戒情報ばかり、で脅し続け、希望のコロナ対策を一つも 出せず。
せない体たらく!いと悲し!!

2020年7月

我が町の中央公民館も7月から再開(1月末に閉鎖した)  
玄関ロビー
受 付



7月18日


7月20日>WHO 「3密回避」を訴える


大相撲・7月場所>半年ぶりに観客と拍手


7月20日 7月29日
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのD  2020年7月31日現在データ

前号で新聞の朝刊のテレビ番組表で、新型コロナ関連報道の件数について紹介したが、今後も継続的にこれを追跡します

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

Eテレのテレビ番組表を再確認したらデータ取りに漏れがあったので、データを取り直した。

テレビ局別・日別・曜日別データ

 

テレビ局別・日別・曜日別データ の棒グラフ版

 
7月の特筆すべき 状況
@ NHK総合は3月末から7月末までの4ヵ月間で報道が半減した。
A 民放は変化なし

ページトップへ

2020年8月

感染症対策分科会、感染状況判断基準提言

武漢肺炎ウイルス顛末記@  ここから改めて、新型コロナCOVID-2019を追跡する
2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでウイズコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 
8月は、第2波感染拡大で、4月の第1波の2倍を超える1600人が感染。以降、月末まで漸減状態で推移。
特筆すべきは、都市「東京」の圧倒的感染拡大で、いよいよ第2波襲来と思いきや、都知事はどこ吹く風の冷静さ(^_-)-☆政府や専門家の言動などお構いなしにマイペース対応を決め込んだ(^_-)-☆アッパレ(^_-)-☆
日本は世界比較でも、重症者・死者が圧倒的に少ない事とて、じたばたせずに日和見を決め込んだようだ!

我が愛知県は7月末のピークから高低を繰り返しながら、感染者は40人程度にまで急減。

8月28日夕方、安倍晋三首相・体調不良で辞意表明、以降はコロナ鎮静化と相まって安倍首相の善悪追及番組多発

 
お天気もコロナに負けじと連日の猛暑でカンカラカン!
生活は、終日エアコン!、扇風機で室内空気の撹拌!、時々換気して!、コロナ対策!という臨戦態勢継続!

そこで、トピックスとして過去15年間の7月〜8月の最高気温をグラフにしたら、とても面白いことが解りました(^_-)-☆
 
まずはそのグラフご覧ください(^^♪

面白いでしょう(^_-)-☆すなわち、(^_-)-☆
2000年から10年とび(2010年、2020年)に気温は、7月から8月に向けて、ほぼ直線的に上昇しています。この先9月の動向がとても気になります。
途中2005年と2015年は7月末から8月初めにかけてピークとなり、9月の秋に向かってドンドン下がっていきます。
 
今年は7月の雨続きによる涼しさで、快適な日々を過ごすことが出来ました(過去15年間の最低気温)。8月に入って、コロナ感染問題はどこかに吹き飛び、テレビからは「熱中症」という叫び声がうるさいほど聞こえてきました。
 

過去15年間の最高気温を総括しました

 
我が地方の7月と8月のお天気
7月>雨:16日間、曇り:9日間、晴れ:6日間
8月>雨:1日のみ、曇り:3日間、晴れ:27日間(我が地域の最高気温は35.7℃)
この暑さでは草取りも早朝以外不可(夕方は猛暑による籠り熱でクラクラして危険だ!)
 

中日新聞は毎年恒例の児童向け情報「夏休みのお天気」(7月21日〜8月28日・名古屋気象台)を出した。

 

 
話がコロナからお天気なってしまいました"(-""-)"が、8月中旬からの猛暑で「外出自粛」の要件に「熱中症」警報が追加され、うるさいのなんのって(>_<) コロナで死ぬ人より熱中症で死ぬ人の方が多くなるのではと心配である。

 

 

 
コロナ影響 戦後最悪GDP
 

  

 
我が居住地「愛知県」の「コロナ対策指標」<こんなものを提示したって、理解できる住民が何人いると思う??
自粛要請しても効果がないのなら、強権発動の手段を考えるべきである!
例えば、クラスター発生地点をピンポイントで閉鎖して出入り禁止させ、守れない者は懲罰対象とする。など・・・
自治体の首長は最高責任者としての気概と責任を持って、果敢に戦ってほしいのである。

 
全国・感染者7万人弱、死者1,313人(東京・感染者2万人超え、死者363人) 世界の感染者と(死者)

 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのE  2020年8月31日現在データ

 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

 

テレビ局別・日別・曜日別データ の棒グラフ版

 

8月の特筆すべき 状況
@ー1 NHK総合は3月末から7月半ばまでの4ヵ月半で報道は半減した。さすがのNHKも息切れしたか?
はたまた感染者増大が免疫力向上に必要であることを、このウイルスが日本型で感染力が軽く、重症者も極端に少ないことを、やっと理解出来たのか?それにしてもNHKのこれまでの執拗で、やみくもな脅迫的放送を私は絶対に許さない。
日本人を馬鹿にするのもいい加減にせよ!
@ー2 8月28日の突然の安倍首相辞任表明と、その後の次期首相候補選出と、9月16日の首相指名選挙で官房長官だった菅義偉総裁が第99代首相に選出されたこと、更に9月の大型台風10号と19号で災害が立て続き、甚大な被害を受けた自治体もあった。ということで、さすがのNHKも疲れてコロナどころではなくなり、コロナ関連テレビ番組は激減した。

Aー1 民放は7月までは漸減傾向
Aー2 8月から9月にかけて台風10号と19号によりコロナ関連番組は激減した。

ページトップへ

2020年9月

武漢肺炎ウイルス顛末記A  
2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでウイズコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 
9月は、感染者が落ち着いてきたので政府は「GoToキャンペーン」を立ち上げ、国奨作戦を提案した。ただ、東京だけはまだ感染が治まらずお預け状態で、10月頃から可能になるかもしれない。
 
気温は9月 に入ればドンドン下がり涼しくなるが、今年はしぶとく暑さが残った!
エアコンと扇風機で室内空気の撹拌!、時々換気して!、コロナ対策!という臨戦態勢継続!
先月は過去15年間の7月〜8月の最高気温をグラフにしたが、これに今年のしぶとい9月を追加して3か月間のグラフにしました(^_-)-☆何か面白いところが発見出来ましたか?
まずはそのグラフご覧ください(^^♪

面白いでしょう(^_-)-☆すなわち、(^_-)-☆
各年度の最高気温平均値のピーク
2000年>8月2日頃、2005年>8月14日頃、2010年>8月14日頃、2015年>8月10日頃、2020年>8月18日頃
グラフから解ること
我が愛知県知多半島の今年2020年の夏は、過去20年間で最も涼しかったということでした(^_-)-☆
気象庁もNHKも、やれ熱中症だの、やれ水分補給だの、と、脅しまくっているだけで、科学的根拠は一切提示していない。呆れてものが言えない。
今年は7月の雨続きによる涼しさで、快適な日々を過ごすことが出来ました(過去15年間の最低気温)。8月に入って、コロナ感染問題はどこかに吹き飛び、テレビからは「熱中症」という叫び声がうるさいほど聞こえてきました。

 

さて、中国・武漢ウイルスの世界的感染拡大に戻ります。
世界の感染者は3週間で約1000万人増えます。死者は約20万人
8月11日現在
9月18日〜9月29日の11日間で、感染者は約338万人、死者は約16万人増加しました。
1日当たりでは、感染者約30万人、死者約1万5千人

この数字から見ても今回の武漢ウイルスは厳重に警戒すべき厄介者です。
不衛生で、民度(公徳心)の低い、感染者の多い、国家とは断絶するしか策がなさそうです。
困ったものです"(-""-)"
 
9月に入って第2波は収束状態となった。
ほっとした束の間、台風10号の猛威と自民党総裁選挙の候補者3人(菅、岸田、石破)のテレビ対決でコロナどころではなくなった。ここで凄い記録が出た(^_-)-☆ NHK総合のコロナ関連報道が一日1件と最低記録を樹立。
 
  
 
愛知県の新規感染者数推移(2020年9月28日現在)
  
 
我が居住地「愛知県」の「コロナ対策指標」・・・こんなものを提示して、理解できる住民が何人いると思う?
自粛要請しても効果がないのなら、強権発動の手段を考えるべきである!
例えば、クラスター発生地点をピンポイントで閉鎖して出入り禁止させ、守れない者は懲罰対象とする。など・・・
自治体の首長は最高責任者としての気概と責任を持って、果敢に戦ってほしいのである。

とは言うものの新型コロナは感染しやすいウイルスなので、重症化しないように生活環境を良くして、体力を高めないといけない。9月は、8月と比較して、全ての指標で改善されている。喜ばしい(●^o^●)
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのF  2020年9月30日現在データ

 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

 

テレビ局別・日別・曜日別データ の棒グラフ版

 

<9月の特筆すべき状況>
3月末から9月までの半年間でコロナ関連報道は32件⇒12件となった。
内、NHKは10件⇒2件、民放は4.5件⇒2.5件

9月に入って第2波は収束状態となった。
ほっとした束の間、台風10号の猛威と自民党総裁選挙の候補者3人(菅、岸田、石破)のテレビ対決でコロナどころではなくなった。ここで凄い記録が出た(^_-)-☆ NHK総合のコロナ関連報道が一日1件と最低記録を樹立。

9月6日、コロナ関連放送最低記録更新>全3件(NHK1件・民放4社ゼロ件)。
この時、全放送局は台風10号の厳重警戒報道だけにになってしまった。
コロナ報道が復活したのは台風10号が過ぎ去った9月9日であった。

8月28日の突然の安倍首相辞任表明と、その後の次期首相候補選出と、9月16日の首相指名選挙で官房長官だった菅義偉総裁が第99代首相に選出されたこと、更に9月の大型台風10号と19号で災害が立て続き、甚大な被害を受けた自治体もあった。ということで、さすがのNHKも疲れて 果ててコロナどころではなくなり、コロナ関連テレビ番組は激減した

さて、

民放は7月までは漸減傾向、8月から9月にかけて台風10号と19号によりコロナ関連番組は激減した。
特に台風10号では9月5日頃から特番が出るほど!
コロナ関連テレビ放送は激減し、民放4社が揃ってコロナ関連ゼロの日が続いた。
また、9月27日人気俳優の竹内結子が自殺したときなど、志村けん程ではなかったが、民放4社が終日12本の追悼番組を放送していた。

ページトップへ

2020年10月

武漢肺炎ウイルス顛末記B  

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでウイズコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 
10月は、いよいよ日本のゴミ箱「東京」がGoToキャンペーンを始めた(◎_◎;)と、途端に感染が拡大し始めた。東京周辺地域は既に9月からキャンペーン実施中であり、慎重に実施しつつあったが、ゴミ箱がひっくりかえったことで同調し始めた。同調したといえば、9月から全国展開している地域でも同様に感染が拡大し始めている。
我が愛知県も30日の感染者は51人。ほか北海道69人、大坂137人である。
 
とは言うものの、中国・武漢人を載せたクルーズ船「プリンセス・ダイヤモンド」が武漢ウイルス集団感染し、横浜に駐留した1月時点で、日本人は今回の新型コロナウイルスの免疫が生まれつつあり、その後のウイルス変異でも的確に適応できて徐々に集団免疫を構築してきた。このことをいち早く発表したのは、日本にあまた存在する感染症関連の組織(日本ウイルス学会・日本感染症学会・国立感染症研究所・・・)ではなく 京都大学であった。
 
京都大学のウイルス専門家・宮沢准教授や、日本では既に”集団免疫が達成されている”と確信している上久保教授などの関東以外の専門家が日本の感染拡大を否定しているのに、東京のポンコツ専門家連中は相変わらず、3蜜と外出自粛を警告し続けている。
ジッとひきこもっていれば安全ではあるが、免疫力は高まらない。症状が軽い(死亡者が少ない)ということがはっきりしているのであれば、新種が生まれる前に少しでも今のウイルスの免疫力を高めることが肝要である。
 
京都大学の上久保教授は 「日本人はS型50%、K型55%、武漢G型80%、欧米G型85%で集団免疫が成立しているので、このまま推移すれば、11月にはほぼ100%の日本人が免疫を持つはず。高齢や基礎疾患などの重症化リスクがなければ、今後死者は減る」と、断言した。
 
新型コロナ対応で右往左往している昨今、あまた存在するコロナ関連専門家は上久保先生のような自信に満ちた発言は、自分の考えが間違った時のリスクが怖くて言えない。なので、専門家であるのに、専門家らしい、専門的な指針となる発言ができない。これは新聞・テレビなどの報道も同様で、ただただ自粛、3密回避だけを叫び続け、社会活動を規制して、国民を追い詰め、生活の基盤を破壊しつつある。なんともやるせない
 

今回の新型コロナウイルスは明らかに従来型ウイルスより弱く、毎年流行しているインフルエンザ(通年・感染1千万人、死者10万人)よりはるかに軽い!これを無視して、とにかく新種だ!未知だ!危険だ!と、脅しまくっている新聞・テレビの仕業の方がもっと危険である。

 
新政権発足で菅首相は経済対策と規制改革を最重要施策として全身全霊を掛けると宣言した。
年寄りはともかく、若い生活困窮者の増大は治安も含めて、日本の将来の危機に繋がる。
倒産と自殺者は増大の一途のようだ!言うだけではなく実行して欲しい。
 
さて、9月中旬から10月中旬までは感染小泰状態であった。とはいっても4月の第1波感染者数(最大600人)と同程度で推移している。
10月5日、米トランプ大統領が新型コロナに感染した。が、2日後に元気に退院した。フェイクか"(-""-)"
 
話を中国・武漢ウイルスの世界的感染の第2波・第3波に戻します(引用:10月16日中日新聞)
 

10月31日現在の世界の感染状況

@ わが街愛知県 A 国内  詳報 B 世界
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのG   2020年10月31日現在データ

 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

 

テレビ局別・日別・曜日別データ の棒グラフ版

 
<10月の特筆すべき 状況>

コロナ関連テレビ番組報道数月間推移>4月末の約900件が、半年後の9月末では約300件と3分の1に減 り、これを主導したのはもちろんNHKだ!第一波が終局した5月末で激減!

その後7月の第二波で膠着状態が続き、8月末の終局で各局の報道も激減したが、10月の第三波で報道が増えると思いきやそのまま無視状態が続く。

この間、愛知県知事も、東京都知事も、西村大臣も、脅しとも思える相変わらずの物言いしかしていないマンネリ会見で、いずれも疲れ切った表情(>_<) いつまでもこんな醜態を続ける為政者の無能ぶりを国民にさらして、ただただ我慢あるのみと覚悟したか"(-""-)"

 

10月24日、民放4社のコロナ関連報道ゼロ

10月25日、コロナ関連報道たったの2件>NHK1件、東海1件

ページトップへ

2020年11月

武漢ウイルス顛末記C  

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでウイズコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 
4月7日の七都府県への緊急事態宣言発出 1ヵ月後の5月7日、収束のめどがたたないので緊急事態宣言を延長した。その後の経過は、国民の意識向上で漸減している。5月25日、政府は感染者数が峠を越えたということで、緊急事態宣言を解除した。
しかし、その後も感染者は波状的に増減を繰り返した。
大都市圏については民度の低さなのか、目先の金儲けが第一なのか、第2波の来襲を待っている様な経過をたどっている。特に東京都は勝手気まま集団が多く、東京ロックダウンも考えないといけない気がする。
 
7月に入り、緊急事態解除」で緩み切った東京の若年層がホストクラブ・カラオケ・飲食店などで遊興三昧! 感染者が100人を超える事態となった。
この状況は留まるところを知らず、あれよあれよの感染者急増と合いなった。
結局、7月31日現在の国内感染者は最多記録を更新する1577人にまで急増!感染者累計3万人超、死者累計1000人超えとなった。
 
とは言うものの、中国・武漢人を載せたクルーズ船「プリンセス・ダイヤモンド」が武漢ウイルス集団感染し、横浜に駐留した1月時点で、日本人は今回の新型コロナウイルスの免疫が生まれつつあり、その後のウイルス変異でも的確に適応できて徐々に集団免疫を構築してきた。このことをいち早く発表したのは、日本にあまた存在する感染症関連の組織(日本ウイルス学会・日本感染症学会・国立感染症研究所・・・)ではなく 京都大学であった。
 
京都大学の上久保教授は 「日本人はS型50%、K型55%、武漢G型80%、欧米G型85%で集団免疫が成立しているので、このまま推移すれば、11月にはほぼ100%の日本人が免疫を持つはず。高齢や基礎疾患などの重症化リスクがなければ、今後死者は減る」と、断言した。
 
新型コロナ対応で右往左往している昨今、あまた存在するコロナ関連専門家は上久保先生のような自信に満ちた発言は、自分の考えが間違った時のリスクが怖くて言えない。なので、専門家であるのに、専門家らしい、専門的な指針となる発言ができない。これは新聞・テレビなどの報道も同様で、ただただ自粛、3密回避だけを叫び続け、社会活動を規制して、国民を追い詰め、生活の基盤を破壊しつつある。なんともやるせない
 
11月は、いよいよ第3波が世界を襲う
日本も今年最大の感染状態となり、GoToキャンペーンも全面見直しとなった。
11月末時点で、一日当たりでは感染者2,674人、重症者493人、死者32人と過去最大になる。
 
11月6日、世界的(特に欧州)に第3波襲来!
日本には9日に襲来が確定的となり、18日東京都は感染者が過去最多の493人となり、3日連続で過去最多を記録522人となった。
これで、4月>第1波、8月>第2波、そして 11月>第3波と、3カ月おきに感染爆発となる。
 
10月末に10万人を超えた感染者は、連日の記録更新で、11月末では15万人にまで増加した。1ヵ月で50%増!
感染者が増えれば当然の事ながら、重症者も増え、死者も増える。
 
ということで、21日からの3連休のGoToキャンペーンは厳しく見直されることになった。
特に東京、大阪、札幌などの大都市は首長の強い自粛要請が発動された。
11月26日、東京都知事はキャンペーンの時短要請発動>22時閉店要請
11月に入って以降は感染者数、重症者数、死亡者数ともに重大局面に至る。
 
次の表はデータ作成者2者を比較したものである。
重症者・第2波だけデータ一致。他はすべて不一致
  感染者 重症者 死亡者
データ引用先 厚労省 NHK 厚労省 NHK 厚労省 NHK
第一波 4月10日 708 4月11日 720 4月30日 328 5月8日 287 4月24日 30 4月23日 29
第二波 8月7日 1595 8月7日 1605 8月23日 259 8月24日 259 9月4日 19 8月28日 20
第三波 11月28日 2674 11月28日 2678 11月30日 493 11月30日 472 11月28日 32 11月27日 31
 
重症者・第一波のNHKデータは、5月8日未満がなかった
が、グラフの右下にはデータの出所を「*厚生労働省より」としてあったが、厚労省は4月のデータあり。
NHKはこの時期の厚労省データの信頼性が不十分として無視したのではないか?
そうであるのなら引用先を厚労省と明記することは正しくない。
 

以降、11月の新聞報道(中日新聞)

 
 
11月13日>
 
世界感染グラフ
 
 
 
11月29日>国内感染・第3波
 
11月29日>世界感染・第3波
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのH   2020年11月30日現在データ

 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

 
特筆すべき状況

コロナ関連テレビ番組報道数月間推移>4月末の約900件が、半年後の9月末では約300件と3分の1に減 り、これを主導したのはもちろんNHKだ!第一波が終局した5月末で激減!その後7月の第二波で膠着状態が続き、8月末の終局で各局の報道も激減したが、10月の第三波で報道が増えると思いきやそのまま無視状態が続く。

この間、愛知県知事も、東京都知事も、西村大臣も、脅しとも思える相変わらずの物言いしかしていないマンネリ会見で、いずれも疲れ切った表情(>_<) いつまでもこんな醜態を続ける為政者の無能ぶりを国民にさらして、ただただ我慢あるのみと覚悟したか"(-""-)"

ところが、11月に入って明らかに第3波襲来!
感染者は一気に200人激増した。が、NHKは平然と少し増やしただけですまし顔(^_-)-☆

民放は尾身さんや医師会長や多くの専門家のなどの脅しに戦々恐々!
テレビのコメンテータもこれに同調して何倍にも増幅した。
 

 

ページトップへ

2020年12月

武漢ウイルス顛末記D  

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでウイズコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 
新型コロナ感染爆発第1波による5月の第2波を懸念して、民心は完全に疑心暗鬼で行動は強い自粛モードとなった。このことで経済活動も停滞し、中小の企業や個人営業の飲食店や観光などは壊滅状態!
ボチボチ倒産と自殺者が出始めた。8月の第2波到来で感染者 、重症者、死者の増加傾向で警戒が続いた。

9月に入り小泰状態となったが感染者数は高原状態で推移。
10月から一転して全国的に感染拡大した 。
11月に入り第3波襲来。これが全国に拡大!
特に東京都は18日から感染者の最多記録を連日更新(500人超え)
GoToキャンペーンも大都市自粛要請から東京都の「時短要請」に発展し、更に22時閉店要請に強化された。
月末頃から重症者が激増し、新聞テレビは「医療崩壊」の可能性を連日報道して国民を脅しまくり大混乱となった。

12月は感染者・重症者・死者ともに過去最大を連日更新した。
にもかかわらず政府はインバウンドを期待して、外国人(中国、ベトナムほか)の入国を激増させた(約4万5千人)
更に政府の手緩い国内「GoToトラベル」対策に感染爆発⇒重症者激増⇒医療体制逼迫⇒死者増加傾向という悪循環が始まった。
12月8日は我が国に武漢ウイルスの感染爆発が起こった日。
(場所:横浜港停泊>クルーゼ船「ダイアモンド・プリンセス号」

無能な専門委員会を廃止し、菅義偉新内閣は改めて「コロナ分科会」を設立した。
しかし、会長は前任者の尾身さんが担当継続(◎_◎;)コリャだめだ(◎_◎;)

15日、政府はGoToキャンペーンの全国停止2週間【28日(月)〜1月11日(月)】を決定!
我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない。


20日、欧州各地で感染力の強い変異種発生>英国⇒イタリア⇒デンマーク⇒オーストラリア
以降、全世界に拡散した。もちろん我が国にも!そこで政府は英国からの外国人の入国停止 

28日、GoTo全国停止2週間>28日(月)〜1月11日(月)

ただ、新型コロナウイルスの出現で、インフルエンザ(風邪)感染者はほとんどゼロ
(例年は、感染者1000万人、インフルエンザによる関連死者1万人)
原因は、既に人間の身体に巣くっている風邪ウイルスが新型コロナに遠慮しているからと、専門家指摘

 
 

以降、12月の新聞報道(中日新聞)

コロナ禍の初詣
 
武漢コロナウイルス感染者の初確認日2019年12月8日
 
 
愛知県コロナ感染情報
 
中国・武漢ウイルス封じ込めの秘策@
 
中国・武漢ウイルス封じ込めの秘策A
 
女性の自殺者
 
日本・コロナ感染者累計20万人超え>日本医師会、医療緊急事態宣言発表
 
国内死者、3000人超え
 
GoTo全国停止
 
政府、コロナ変異種感染対策として、
東京五輪・パラリンピック参加する外国選手、スタッフの入国特例を一部停止
対象国>英国、南アフリカ、フランス、イタリア、ベルギーなど。期間>来年1月末まで
 
新型コロナ出現で風邪ひき激減
12月14日〜20日>前年10万5千人⇒今年70人
12月21日〜27日>前年7万7千人⇒今年57人
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのI   2020年12月31日現在

 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

恐怖の第一波!  安堵の第二波!  堕落の第三波!  第四波で、日本沈没!

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!
そこを新型コロナに付け込まれ、第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した。

 
全局とも「年末年始の6日間はコロナなんぞに構ってはおれない」と言いきった(◎_◎;)
民放5社のコロナ関連放送が、初のゼロ報道となった
 
特筆すべき 状況
コロナ関連テレビ番組報道数月間推移>
4月末の約900件
が、半年後の10月末では約300件と3分の1に減 り、これを主導したのはもちろんNHKだ!
第一波が終局した5月末で激減!
その後7月の第二波で膠着状態が続き、8月末の終局で各局の報道も激減したが、
10月
の第三波で報道が増えると思いきやそのまま無視状態が続き、
12月に入ってもどこ吹く風を決め込む!というか、気分は「新型コロナ!正体見たり枯れ尾花」と見切ったのであります
 
この間、愛知県知事も、東京都知事も、西村大臣も、脅しとも思える相変わらずの物言いしかしていないマンネリ会見で、いずれも疲れ切った表情(>_<) いつまでもこんな醜態を続ける為政者の無能ぶりを国民にさらして、ただただ我慢あるのみと覚悟したか"(-""-)"
 
ところが、10月に入って明らかに第3波襲来!
感染者は一気に200人増えたが、NHKは平然と少し増えただけですまし顔(^_-)-☆
民放は尾身さんや医師会長や多くの専門家のなどの脅しに戦々恐々!
テレビのコメンテータもこれに同調して何倍にも増幅 させた
 
11月に入り第 3波が全国に拡大!
特に東京都は18日から感染者の最多記録を連日更新
GoToキャンペーンも大都市自粛要請から東京都の「時短要請」に発展し、更に22時閉店要請に強化された。月末頃から重症者が激増し、新聞テレビは「医療崩壊」の可能性を連日報道して国民を脅しまくり大混乱となった。
 
12月はコロナ感染者・重症者・死者ともに過去最大を連日更新した。にもかかわらず政府はインバウンドを期待して、外国人(中国、ベトナムほか)の入国を激増させた(約4万5千人)
 
更に政府の手緩い国内「GoToトラベル」対策に、感染爆発⇒重症者激増⇒医療体制逼迫⇒死者増加傾向という、悪循環が始まった
 
 

3月から12月までの
感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移


 

東京、大坂、名古屋など大都市は間違いなく感染爆発状態!
にもかかわらず、為政者は打つ手が思い浮かばず、右往左往して自粛を要請するのみ。

強制すればうまくい行かなかったときに責任取らないといけないから、ただただ逃げの一手で自己保身!
 

 
武田邦彦先生の「新型コロナウイルスは素晴らしい」は素晴らしい\(^o^)/

ページトップへ



2021年01月

武漢ウイルス顛末記E  

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでウイズコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 

2020年

新型コロナ感染爆発第1波による5月の第2波を懸念して、民心は完全に疑心暗鬼で行動は強い自粛モードとなった。このことで経済活動も停滞し、中小の企業や個人営業の飲食店や観光などは壊滅状態!
ボチボチ倒産と自殺者が出始めた。8月の第2波到来で感染者 、重症者、死者の増加傾向で警戒が続いた。
9月に入り小泰状態となったが感染者数は高原状態で推移。
 
ところが、10月に入って明らかに第3波襲来!
感染者は一気に200人増えたが、NHKは平然と少し増えただけですまし顔(^_-)-☆
この間、愛知県知事も、東京都知事も、西村大臣も、脅しとも思える相変わらずの物言いしかしていないマンネリ会見で、いずれも疲れ切った表情(>_<) いつまでもこんな醜態を続ける為政者の無能ぶりを国民にさらして、ただただ我慢あるのみと覚悟したか
民放は尾身さんや医師会長や多くの専門家のなどの脅しに戦々恐々!
テレビのコメンテータもこれに同調して何倍にも増幅 させた
 
11月に入り第 3波が全国に拡大!
特に東京都は18日から感染者の最多記録を連日更新
GoToキャンペーンも大都市自粛要請から東京都の「時短要請」に発展し、更に22時閉店要請に強化された。月末頃から重症者が激増し、新聞テレビは「医療崩壊」の可能性を連日報道して国民を脅しまくり大混乱となった。
 
12月はコロナ感染者・重症者・死者ともに過去最大を連日更新した。にもかかわらず政府はインバウンドを期待して、外国人(中国、ベトナムほか)の入国を激増させた(約4万5千人)
更に政府の手緩い国内「GoToトラベル」対策に
感染爆発⇒重症者激増⇒医療体制逼迫⇒死者増加傾向という悪循環が始まった。
12月8日は我が国に武漢ウイルスの感染爆発が起こった日。
(場所:横浜港停泊>クルーゼ船「ダイアモンド・プリンセス号」
無能な専門委員会を廃止し、菅義偉新内閣は改めて「コロナ分科会」を設立した。
しかし、会長は前任者の尾身さんが担当継続(◎_◎;)コリャだめだ(◎_◎;)
 
政府はGoToキャンペーンの全国停止2週間【28日(月)〜1月11日(月)】を決定!
 
20日、欧州各地で感染力の強い変異種発生>英国⇒イタリア⇒デンマーク⇒オーストラリア
以降、全世界に拡散した。もちろん我が国にも!そこで政府は英国からの外国人の入国停止

22日、国内コロナ死者3000人超え

28日、GoTo全国停止2週間>28日(月)〜1月11日(月)
ただ、新型コロナウイルスの出現で、インフルエンザ(風邪)感染者はほとんどゼロ
(例年は、感染者1000万人、インフルエンザによる関連死者1万人)
原因は、既に人間の身体に巣くっている風邪ウイルスが新型コロナに遠慮しているからと、専門家指摘

 
2021年1月
国内主要都市が感染爆発>8日、政府(菅首相)・首都圏1都3県に緊急事態宣言発令<8日〜2月7日までの1ヶ月間
感染者は11月から急増し、毎月2000人増で、今年に入って8日で7,844人と感染記録を更新
 
2020年3月から2021年1月までの感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移

 

我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)陽性者が過去最多の16人となる
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない

 

2021年1月末現在  1月は年明け6日から陽性者発出。31日まで連日のように感染情報が新聞報道された
早速データ解析してみた>男女はほぼ半々、年代は40歳代までの若い層が50代以上の約2倍

 
 
以降、1月の新聞報道(中日新聞)
国内感染者6004人>東京1591人、大坂560人、福岡316人、愛知364人-”時短”延長2月7日まで
 
コロナ感染爆発>緊急宣言へ<1か月の予定
 
犬山城の入場者数、コロナで激減
 
緊急事態宣言>1月7日から2月8日の1か月間
 
国内感染・4日連続最多更新
 
コロナ・世界感染 9000万人超え
 
コロナ感染拡大・世界の対応
 
米動物園のゴリラも感染
 
国内感染 30万人超え
 
国内感染者数推移
 
コロナ世界感染 1億人超え
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数そのJ   2021年1月31日現在

 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

恐怖の第一波! 安堵の第二波! 堕落の第三波! 第四波で、日本沈没!

2020年4月

2020年9月 2020年12月 2021年3月
 

2020年の総括

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!そこを新型コロナに付け込まれ、
第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!
特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した

 
2021年のスタート

今年はテレビ局からNHK・Eテレを外し、NHK総合と民放5局の6局の報道実態を調査分析する。

さすがに年末年始は特番目白押しなのか?!コロナ関連報道は激減!
昨年7局>12月28日15件、29日5件、30日4件、31日3件今年6局1月1日3件、2日1件、3日4件、4日25件
すなわち、年末年始6日間でのコロナ関連報道は年末12件+年始8件=20件

ページトップへ



2021年02月

武漢ウイルス顛末記F  

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでウイズコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 

2020年

新型コロナ感染爆発第1波による5月の第2波を懸念して、民心は完全に疑心暗鬼で行動は強い自粛モードとなった。このことで経済活動も停滞し、中小の企業や個人営業の飲食店や観光などは壊滅状態!
ボチボチ倒産と自殺者が出始めた。8月の第2波到来で感染者 、重症者、死者の増加傾向で警戒が続いた。
9月に入り小泰状態となったが感染者数は高原状態で推移。
 
ところが、10月に入って明らかに第3波襲来!
感染者は一気に200人増えたが、NHKは平然と少し増えただけですまし顔(^_-)-☆
この間、愛知県知事も、東京都知事も、西村大臣も、脅しとも思える相変わらずの物言いしかしていないマンネリ会見で、いずれも疲れ切った表情(>_<) いつまでもこんな醜態を続ける為政者の無能ぶりを国民にさらして、ただただ我慢あるのみと覚悟したか
民放は尾身さんや医師会長や多くの専門家のなどの脅しに戦々恐々!
テレビのコメンテータもこれに同調して何倍にも増幅 させた
 
11月に入り第 3波が全国に拡大!
特に東京都は18日から感染者の最多記録を連日更新
GoToキャンペーンも大都市自粛要請から東京都の「時短要請」に発展し、更に22時閉店要請に強化された。月末頃から重症者が激増し、新聞テレビは「医療崩壊」の可能性を連日報道して国民を脅しまくり大混乱となった。
 
12月はコロナ感染者・重症者・死者ともに過去最大を連日更新した。にもかかわらず政府はインバウンドを期待して、外国人(中国、ベトナムほか)の入国を激増させた(約4万5千人)
更に政府の手緩い国内「GoToトラベル」対策に
感染爆発⇒重症者激増⇒医療体制逼迫⇒死者増加傾向という悪循環が始まった。
12月8日は我が国に武漢ウイルスの感染爆発が起こった日。
(場所:横浜港停泊>クルーゼ船「ダイアモンド・プリンセス号」
無能な専門委員会を廃止し、菅義偉新内閣は改めて「コロナ分科会」を設立した。
しかし、会長は前任者の尾身さんが担当継続(◎_◎;)コリャだめだ(◎_◎;)
 
政府はGoToキャンペーンの全国停止2週間【28日(月)〜1月11日(月)】を決定!
 
20日、欧州各地で感染力の強い変異種発生>英国⇒イタリア⇒デンマーク⇒オーストラリア
以降、全世界に拡散した。もちろん我が国にも!そこで政府は英国からの外国人の入国停止

22日、国内コロナ死者3000人超え

28日、GoTo全国停止2週間>28日(月)〜1月11日(月)
ただ、新型コロナウイルスの出現で、インフルエンザ(風邪)感染者はほとんどゼロ
(例年は、感染者1000万人、インフルエンザによる関連死者1万人)
原因は、既に人間の身体に巣くっている風邪ウイルスが新型コロナに遠慮しているからと、専門家指摘

 

2021年

1月>国内主要都市が感染爆発>8日、政府(菅首相)・首都圏1都3県に緊急事態宣言発令<8日〜2月7日までの1ヶ月間
感染者は11月から急増し、毎月2000人増で、今年に入って8日で7,844人と感染記録を更新

2月>8日・10都府県(関東4都県+愛知・岐阜・京都・大坂・兵庫・福岡)緊急事態宣言1ヵ月延長>2月8日〜3月7日
2ヶ月間の実質ロックダウンで感染拡大は高低を繰り返しながら治まって来た(●^o^●)
28日・関東4都県を除き6府県(愛知・岐阜・京都・大坂・兵庫・福岡)の緊急事態宣言が解除

 

2020年3月から2021年2月までの感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移

 

我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)陽性者が過去最多の16人となる
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない

1月は年明け6日から陽性者発出。31日まで連日のように感染情報が新聞報道された
早速データ解析してみた>男女はほぼ半々、年代は40歳代までの若い層が50代以上の約2倍

2は1日〜9日までゼロ、11日〜17日までゼロ、19日から28日までゼロで、30歳の男女各1人の感染者確認
全町民の必死の感染拡大のための自粛生活で、ほぼ目的を達成した。我が町の底力を見た思いに快感を覚える(^_-)-☆

 
 
以降、2月の新聞報道(中日新聞)
 
 
 
 
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数K 

2021年2月28日現在

 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

 

恐怖の第一波! 安堵の第二波! 堕落の第三波! 第四波で、日本沈没??

2020年4月

2020年9月 2020年12月 2021年3月
 

2020年の総括

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!そこを新型コロナに付け込まれ、
第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!
特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した

 
2021年のスタート

今年はテレビ局からNHK・Eテレを外し、NHK総合と民放5局の6局の報道実態を調査分析する。

さすがに年末年始は特番目白押しなのか?!コロナ関連報道は激減!
昨年7局>12月28日15件、29日5件、30日4件、31日3件今年6局1月1日3件、2日1件、3日4件、4日25件
すなわち、年末年始6日間でのコロナ関連報道は年末12件+年始8件=20件

 
2月
8日>緊急事態宣言1ヵ月延長>10都府県(4都県>東京・神奈川・埼玉・千葉)+6府県(愛知・岐阜・京都・大阪・兵庫・福岡)
協力金対象外(映画館・昼営業の飲食店・ボーリング場)不満と諦め&休業支援金の適用混乱

以下の事情でコロナ関連報道が激減
@ JOC森会長失言で大バッシング!IOC会長バッハほか世界中からバッシング
A 番組表用語がコロナからワクチンに変わった
B 14日(日)新・大河ドラマ「青天を衝く」渋沢栄一スタートで早速新聞刷込み広告出現(1/3頁2枚)



C 13日(土)午後11時頃、福島と宮城で最大震度6強の地震発生。
生憎、日曜日は夕刊がないので報道できず、また運悪く15日(月)は休刊日で新聞はお休み(>_<)
ということで、テレビやネットはバリバリ報道しているのに2日遅れの15日の夕刊で初報道!
これでは新聞は不要だ!没落一途に拍車がかかるぞぉ〜〜〜(^_-)-☆

D いよいよ!ワクチンが日本にもやって来た(^_-)-☆全局ワクチン接種報道大合唱(^_-)-☆
E ところがギッチョン!ポスト森会長選出でコロナどころではない>橋本聖子浮上?
F 橋本聖子五輪新会長誕生>コロナ報道大波あり>
報道件数は正月以来の一桁代!内容は”感染”から”ワクチン”

G ワクチン報道激増!が、菅首相長男の接待問題で、またまたコロナ報道激減
東京パラリンピックまで半年?>東証・1,202円急落

H 等々で、25日・新聞のトップページからコロナ関連記事が消えた(>_<)
I 唯一の明るいニュースは??>28日・愛知・岐阜、京都・大阪・兵庫、福岡の緊急事態宣言解除(^^♪\(^o^)/
 

ページトップへ

2021年03月

武漢ウイルス顛末記G  

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでWithコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 

2020年

新型コロナ感染爆発第1波による5月の第2波を懸念して、民心は完全に疑心暗鬼で行動は強い自粛モードとなった。このことで経済活動も停滞し、中小の企業や個人営業の飲食店や観光などは壊滅状態!
ボチボチ倒産と自殺者が出始めた。8月の第2波到来で感染者 、重症者、死者の増加傾向で警戒が続いた。
9月に入り小泰状態となったが感染者数は高原状態で推移。
 
ところが、10月に入って明らかに第3波襲来!
感染者は一気に200人増えたが、NHKは平然と少し増えただけですまし顔(^_-)-☆
この間、愛知県知事も、東京都知事も、西村大臣も、脅しとも思える相変わらずの物言いしかしていないマンネリ会見で、いずれも疲れ切った表情(>_<) いつまでもこんな醜態を続ける為政者の無能ぶりを国民にさらして、ただただ我慢あるのみと覚悟したか
民放は尾身さんや医師会長や多くの専門家のなどの脅しに戦々恐々!
テレビのコメンテータもこれに同調して何倍にも増幅 させた
 
11月に入り第 3波が全国に拡大!
特に東京都は18日から感染者の最多記録を連日更新
GoToキャンペーンも大都市自粛要請から東京都の「時短要請」に発展し、更に22時閉店要請に強化された。月末頃から重症者が激増し、新聞テレビは「医療崩壊」の可能性を連日報道して国民を脅しまくり大混乱となった。
 
12月はコロナ感染者・重症者・死者ともに過去最大を連日更新した。にもかかわらず政府はインバウンドを期待して、外国人(中国、ベトナムほか)の入国を激増させた(約4万5千人)
更に政府の手緩い国内「GoToトラベル」対策に
感染爆発⇒重症者激増⇒医療体制逼迫⇒死者増加傾向という悪循環が始まった。
12月8日は我が国に武漢ウイルスの感染爆発が起こった日。
(場所:横浜港停泊>クルーゼ船「ダイアモンド・プリンセス号」
無能な専門委員会を廃止し、菅義偉新内閣は改めて「コロナ分科会」を設立した。
しかし、会長は前任者の尾身さんが担当継続(◎_◎;)コリャだめだ(◎_◎;)
 
政府はGoToキャンペーンの全国停止2週間【28日(月)〜1月11日(月)】を決定!
 
20日、欧州各地で感染力の強い変異種発生>英国⇒イタリア⇒デンマーク⇒オーストラリア
以降、全世界に拡散した。もちろん我が国にも!そこで政府は英国からの外国人の入国停止

22日、国内コロナ死者3000人超え

28日、GoTo全国停止2週間>28日(月)〜1月11日(月)
ただ、新型コロナウイルスの出現で、インフルエンザ(風邪)感染者はほとんどゼロ
(例年は、感染者1000万人、インフルエンザによる関連死者1万人)
原因は、既に人間の身体に巣くっている風邪ウイルスが新型コロナに遠慮しているからと、専門家指摘

 

2021年

1>国内主要都市が感染爆発>8日、政府(菅首相)・首都圏1都3県に緊急事態宣言発令<8日〜2月7日までの1ヶ月間
感染者は11月から急増し、毎月2000人増で、今年に入って8日で7,844人と感染記録を更新

2>8日・10都府県(関東4都県+愛知・岐阜・京都・大坂・兵庫・福岡)緊急事態宣言1ヵ月延長>2月8日〜3月7日
2ヶ月間の実質ロックダウンで感染拡大は高低を繰り返しながら治まって来た(●^o^●)
28日・関東4都県を除き6府県(愛知・岐阜・京都・大坂・兵庫・福岡)の緊急事態宣言が解除

3>3日、新聞トップページにコロナ関連記事なし。トップは@原発・安全対策費5.5兆円、Aトヨタ・高級車に盗難防止策、Bレバノン逃亡のゴーン
4日>首都圏4自治体・緊急事態2週間延長決定
6日>1都3県、緊急事態21日まで2週間再延長
7日>3・11が近づいてきた!コロナは実質落ちいたのでひとまず一段落か?(^_-)-☆
10日>ワクチン接種後のマスク不要?!? と、変異株急増の脅し激増
13日>変異ウイルスの世界的拡大と、中国ワクチンの世界バラマキに戦々恐々
16日>1都3県、緊急事態解除の判断迷走
19日>NHKは甲子園・選抜高校野球の放送開始!コロナなんか吹っ飛ばせぇ〜〜
20日>宣言解除でホッとしている全国民
24日>時短、規制緩和、ワクチン、変異種ウイルス、などなどコロナ感染への警戒を煽るキーワードが踊る
26日>関東圏から東北・宮城、関西・大坂にまん延感染拡大中
27日>全面宣言解除で感染爆発1日2,000人超え!中部地方・6県に変異株拡大(76人)
29日>28都府県・前週より感染者新規増加
30日>大坂・再拡大で第4波の懸念
31日>私宛に、「新型コロナウイルスワクチン接種券」が届く

 

 

2020年3月から2021年3月までの感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移

2月28日、緊急事態宣言解除した途端に感染者急増
全国的な感染リバウンドで、政府・医師会等専門家も辟易<ええ加減にせんかい(◎_◎;)

 

我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)陽性者が過去最多の16人となる
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない

1月>年明け6日から陽性者発出。31日まで連日のように感染情報が新聞報道された
早速データ解析してみた>男女はほぼ半々、年代は40歳代までの若い層が50代以上の約2倍

2>1日〜9日までゼロ、11日〜17日までゼロ、19日から28日までゼロで、30歳の男女各1人の感染者確認
全町民の必死の感染拡大のための自粛生活で、ほぼ目的を達成した。我が町の底力を見た思いに快感を覚える(^_-)-☆
3月>1日から6日まで4人の感染者発生!以降31日まで25日間感染ゼロという快挙達成(^_-)-☆
今までは「10才代」という年齢区分だったが、ここ「10歳未満」が初登場した。
我が町は海に挟まった半島で、潮風が春夏秋冬吹き込んで、ミネラルいっぱいの常春の国です\(^o^)/

 
 
以降、3月の新聞報道(中日新聞)
 
 5日
5日
 
10日
 
17日
 
19日
 
20日
 
 26日
 
30日
 
30日
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数L 

2021年3月31日現在

 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

 

恐怖の第一波! 安堵の第二波! 堕落の第三波! 第四波で、日本沈没??

2020年4月

2020年9月 2020年12月 2021年3月
 

2020年の総括

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!そこを新型コロナに付け込まれ、
第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!
特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した

 
2021年のスタート

今年はテレビ局からNHK・Eテレを外し、NHK総合と民放5局の6局の報道実態を調査分析する。

さすがに年末年始は特番目白押しなのか?!コロナ関連報道は激減!
昨年7局>12月28日15件、29日5件、30日4件、31日3件今年6局1月1日3件、2日1件、3日4件、4日25件
すなわち、年末年始6日間でのコロナ関連報道は年末12件+年始8件=20件

 
3月
1日、以降、宣言解除自治体と再々延期の関東圏4自治体の今後についての報道増
2日、首相長男が勤める放送事業会社「東北新社」から7万円接待されていた内閣広報官山田真貴子辞職
3日、新聞トップページにコロナ関連記事なし
トップは@原発・安全対策費5.5兆円、Aトヨタ・高級車に盗難防止策、Bレバノン逃亡のゴーン
4日>首都圏4自治体・緊急事態2週間延長決定
6日>1都3県、緊急事態21日まで2週間再延長
7日>3・11が近づいてきた!コロナは実質落ちいたのでひとまず報道は一段落か?(^_-)-☆
8日>トップページは「東日本大震災10年」の文字が躍る(^_-)-☆今月は原発事故報道でてんてこ舞いだ!
10日>ワクチン接種後のマスク不要?!? と、変異株急増の脅し報道激増
11日>東日本大震災10年で新聞テレビはコロナをほっといて大盛況!
12日>3.11大震災報道は治まるところを知らず!いかし、コロナ余波も心配だ(◎_◎;)
13日>変異ウイルスの世界的拡大と、中国ワクチンの世界バラマキに戦々恐々
16日>1都3県、緊急事態解除の判断迷走
18日>首都圏宣言解除決定でコロナ報道激増
19日>NHKは甲子園・選抜高校野球の放送開始!コロナどころではないぞえぇ〜〜
20日>宣言解除でホッとしている全国民
22日>連休明けで目新しい番組なし!そこで、国民は宣言解除のコロナ感染に激注目!
24日>時短、規制緩和、ワクチン、変異種ウイルス、などなどコロナ感染への警戒を煽るキーワードが踊る
26日>関東圏から東北・宮城、関西・大坂にまん延感染拡大中
27日>全面宣言解除で感染爆発1日2,000人超え!中部地方・6県に変異株拡大(76人)
29日>28都府県・前週より感染者新規増加
30日>大坂・再拡大で第4波の懸念

31日>私宛に、「新型コロナウイルスワクチン接種券」が届く

ページトップへ

2021年04月

武漢ウイルス顛末記H  

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでWithコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 

2021年4月

1日>政府・大阪市のまん延防止適用を決定>全国初<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討
2日>東京五輪聖火リレーが1日、長野県から中部地方へ>密状態が心配
4日>42都道府県に感染拡大<変異種か?
5日>知事会、今日からまん延防止>第4波対策強化
7日>大坂、感染拡大!日本最悪状態
8日>大坂・兵庫、過去最多続く。東京も増加傾向でまん延防止要請準備
10日>3都府県(東京・京都・沖縄)まん延防止追加
12日>テレビ画面は「まん延防止」の文字が踊りまくる!
13日>高齢者(65歳以上)のコロナワクチン接種開始>対象者約3600万人
14日>大坂、初の1000人超え感染 緊急宣言の再々発令か?
15日>踊る!コロナ警戒報道!第4波襲来懸念!大阪・兵庫危ない!東京も変異株拡大
20日>大坂・兵庫、緊急事態宣言要請
21日>愛知・大坂・東京にまん延防止適用>第4波確定?
25日>3回目緊急事態宣言発令5月11日まで>4都府県(東京・京都・大坂・兵庫)
28日>インド・世界最多感染者>1日35万人
30日>コロナ感染>大坂・千人超え継続、東京・再千人超え、愛知・400人超え
 

4月29日のデータ(引用:厚労省)

 

2020年3月から2021年4月までの感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移

 

 

我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)陽性者が過去最多の16人となる
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない

1月>年明け6日から陽性者発出。31日まで連日のように感染情報が新聞報道された
早速データ解析してみた>男女はほぼ半々、年代は40歳代までの若い層が50代以上の約2倍

2>1日〜9日までゼロ、11日〜17日までゼロ、19日から28日までゼロで、30歳の男女各1人の感染者確認
全町民の必死の感染拡大のための自粛生活で、ほぼ目的を達成した。我が町の底力を見た思いに快感を覚える(^_-)-☆
3月>1日から6日まで4人の感染者発生!以降31日まで25日間感染ゼロという快挙達成(^_-)-☆
今までは「10才代」という年齢区分だったが、ここ「10歳未満」が初登場した。
我が町は海に挟まった半島で、潮風が春夏秋冬吹き込んで、ミネラルいっぱいの常春の国です\(^o^)/
31日>私宛に、「新型コロナウイルスワクチン接種券」が届く
 
4>月間を通して感染が続いた。感染者は中等症1人、症状なし3人、ほかは軽症で、うち陽性者との接触歴あり10人
男女別では女性感染者が6割を占めた。感染状況からして1月の第3波感染爆発と同様予断を許さない状況ではある

15日>私宛に「コロナワクチン接種についてのお知らせ」が届く>対象:75歳以上・接種券ある人・受付5月6日から

以降、4月の新聞報道(中日新聞)
1日
3日
9日
10日
13日
16日>英国株・N501Y・変異株
23日>我が町「愛知県」の感染状況グラフ
26日>日本国・コロナ感染死者1万人超え
26日>インド・1日当たりの新規感染者が米国記録を上回る>35万人
 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数M 

2021年4月30日現在

 
 

テレビ局別比率

テレビ局別報道件数累計

一日平均報道数

 

テレビ局別・日別・曜日別データ

 
コロナ関連報道件数の日曜日限定調査結果

正月は信じられない程の報道状況!続いて、V字の底にあたる2月28日は緊急事態宣言解除の日で、コロナに対する警戒が極端に低下した日であった。そのことは右のグラフの感染者数からも歴然である。
正月明けの第3波がピークを過ぎて、緩み切った人々がうっぷん晴らしで騒ぎまくったことで第4波へと一直線に突き進んでいった。

 

恐怖の第一波! 安堵の第二波! 堕落の第三波! 第四波で、日本沈没??

2020年4月

2020年9月 2020年12月 2021年3月
 

2020年の総括

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!そこを新型コロナに付け込まれ、
第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!
特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した

 
2021年のスタート

今年はテレビ局からNHK・Eテレを外し、NHK総合と民放5局の6局の報道実態を調査分析する。

さすがに年末年始は特番目白押しなのか?!コロナ関連報道は激減!
昨年7局>12月28日15件、29日5件、30日4件、31日3件今年6局1月1日3件、2日1件、3日4件、4日25件
すなわち、年末年始6日間でのコロナ関連報道は年末12件+年始8件=20件

 
3月
1日、以降、宣言解除自治体と再々延期の関東圏4自治体の今後についての報道増
2日、首相長男が勤める放送事業会社「東北新社」から7万円接待されていた内閣広報官山田真貴子辞職
3日、新聞トップページにコロナ関連記事なし
トップは@原発・安全対策費5.5兆円、Aトヨタ・高級車に盗難防止策、Bレバノン逃亡のゴーン
4日>首都圏4自治体・緊急事態2週間延長決定
6日>1都3県、緊急事態21日まで2週間再延長
7日>3・11が近づいてきた!コロナは実質落ちいたのでひとまず報道は一段落か?(^_-)-☆
8日>トップページは「東日本大震災10年」の文字が躍る(^_-)-☆今月は原発事故報道でてんてこ舞いだ!
10日>ワクチン接種後のマスク不要?!? と、変異株急増の脅し報道激増
11日>東日本大震災10年で新聞テレビはコロナをほっといて大盛況!
12日>3.11大震災報道は治まるところを知らず!いかし、コロナ余波も心配だ(◎_◎;)
13日>変異ウイルスの世界的拡大と、中国ワクチンの世界バラマキに戦々恐々
16日>1都3県、緊急事態解除の判断迷走
18日>首都圏宣言解除決定でコロナ報道激増
19日>NHKは甲子園・選抜高校野球の放送開始!コロナどころではないぞえぇ〜〜
20日>宣言解除でホッとしている全国民
22日>連休明けで目新しい番組なし!そこで、国民は宣言解除のコロナ感染に激注目!
24日>時短、規制緩和、ワクチン、変異種ウイルス、などなどコロナ感染への警戒を煽るキーワードが踊る
26日>関東圏から東北・宮城、関西・大坂にまん延感染拡大中
27日>全面宣言解除で感染爆発1日2,000人超え!中部地方・6県に変異株拡大(76人)
29日>28都府県・前週より感染者新規増加
30日>大坂・再拡大で第4波の懸念
31日>私宛に、「新型コロナウイルスワクチン接種券」が届く
4月
1日>政府・大阪市のまん延防止適用を決定>全国初<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討
2日>東京五輪聖火リレーが1日、長野県から中部地方へ>密状態が心配
4日>42都道府県に感染拡大<変異種か?
5日>知事会、今日からまん延防止>第4波対策強化
7日>大坂、感染拡大!日本最悪状態
8日>大坂・兵庫、過去最多続く。東京も増加傾向でまん延防止要請準備
10日>3都府県(東京・京都・沖縄)まん延防止追加
12日>テレビ画面は「まん延防止」の文字が踊りまくる!
13日>高齢者(65歳以上)のコロナワクチン接種開始>対象者約3600万人
14日>大坂、初の1000人超え感染 緊急宣言の再々発令か?
15日>私宛に「コロナワクチン接種についてのお知らせ」が届く>対象:75歳以上・接種券ある人・受付5月6日から
15日>踊る!コロナ警戒報道!第4波襲来懸念!大阪・兵庫危ない!東京も変異株拡大
20日>大坂・兵庫、緊急事態宣言要請
21日>愛知・大坂・東京にまん延防止適用>第4波確定?
25日>3回目緊急事態宣言発令5月11日まで>4都府県(東京・京都・大坂・兵庫)
28日>インド・世界最多感染者>1日35万人
30日>コロナ感染>大坂・千人超え継続、東京・再千人超え、愛知・400人超え
 

ページトップへ

2021年05月

武漢ウイルス顛末記I 

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでWithコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 

2021年5月

1日>私宛に 「コロナワクチン接種についてのお知らせ(2)届く
対象:75歳以上、5月6日から電話受付再開(コールセンター)、更に5月21日からネット予約受付開始
予約できる医療機関>11医院

1日>政府・高齢者対象コロナワクチン接種7月完了計画発表
2日>緊急宣言1週間>感染高止まり
3日>重症者・国内最多1050人、コロナ感染累計60万人
4日>重症者・連日最多1084人
5日>名城大・感染変異株を1時間半で判別
7日>緊急事態宣言>愛知・福岡追加で、計6都府県が、12日から月末まで
8日>IOC・バッハ会長来日見送り
9日>中部地方感染40代以下増加
12日>愛知県緊急事態宣言>感謝写最多578人、初の入院800人超え
14日>愛知・歯科医師が接種協力
15日>緊急宣言>3道県追加(北海道、岡山、広島)
16日>22都道府県ステージ4>新規感染5日連続6000人超え
17日>コロナワクチン・日本の接種率世界110位前後

18日>私宛に 「コロナワクチン接種インターネット予約についてのお知らせ」が届く
20日>予約コールセンターに「接種キャンセル」を通知>係員は何も言わず私の通知を了承した。

20日>報道は「星野源と新垣結衣の結婚発表&愛知・大村知事リコール偽署名問題と田村正和死亡で手いっぱい!
コロナどころではない
22日>沖縄・緊急宣言追加
25日>東京・大阪・愛知でワクチン大規模接種
28日>9都道府県、緊急宣言>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡<5月31日まで
29日>9都道府県+5県(埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重緊急宣言延長>6月20日まで
30日>五輪開催の可否問題で新聞テレビも大フィーバー>中止?・延期?・無観客?・決行?
 

5月31日のデータ(引用:厚労省)

 

2020年3月から2021年5月までの感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移

 

我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)陽性者が過去最多の16人となる
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない

1月>年明け6日から陽性者発出。31日まで連日のように感染情報が新聞報道された
早速データ解析してみた>男女はほぼ半々、年代は40歳代までの若い層が50代以上の約2倍

2>1日〜9日までゼロ、11日〜17日までゼロ、19日から28日までゼロで、30歳の男女各1人の感染者確認
全町民の必死の感染拡大のための自粛生活で、ほぼ目的を達成した。我が町の底力を見た思いに快感を覚える(^_-)-☆
3月>1日から6日まで4人の感染者発生!以降31日まで25日間感染ゼロという快挙達成(^_-)-☆
今までは「10才代」という年齢区分だったが、ここ「10歳未満」が初登場した。
我が町は海に挟まった半島で、潮風が春夏秋冬吹き込んで、ミネラルいっぱいの常春の国です\(^o^)/
4>月間を通して感染が続いた。感染者は中等症1人、症状なし3人、ほかは軽症で、うち陽性者との接触歴あり10人
男女別では女性感染者が6割を占めた。感染状況からして1月の第3波感染爆発と同様予断を許さない状況ではある
5>1月の感染爆発で我が町も35人が感染した。住民は恐れおののいて生活を自粛モードに切り替え2月、3月は2,3人と激減。ところが4月に入って変異株の拡散が始まったようで5月は過去最多記録となった。

3月31日にワクチン接種券が届いて、4月にワクチン接種についての案内書が届き、5月にはワクチン接種の予約案内あり。
予約は電話またはインターネットで受付けるが、まだ連絡も来ていないという人もおり、混乱していることがうかがえた。
早く、接種予約しないと事務局に迷惑がかかると思い、予約コールセンターに電話した。
私はずっと前からワクチン接種は辞退するつもりいたので、コールセンターは「キャンセル専用」とした。
係員に「理由あって接種を辞退しますので、私の分はほかの人にまわしてください」と、お願いした。
係員は私の話を聞き、キャンセルの理由などについて質問することもなく、淡々と事務的に処理して、終わった。拍子抜けであった。キャンセルした理由など町民の意識がどこにあるのか確認し、これをデータ化し、今後のワクチン接種体制整備に活用するのもありではないのか!と、ふと思いもした。

 
以降、5月の新聞報道(中日新聞)
5日
 
8日
 
9日
 
10日

10日>コロナ変異株を知る

 
12日>愛知・緊急事態宣言
 
13日>WHO独立委・コロナ対応検証
 
15日>世界の新規感染者数と致死率
 
15日>日本の重症者数
 
18日>第4波国内感染推移
ワクチン先行国
 
24日
 
25日
 
30日>中日新聞・日曜版から引用<
新型コロナウイルス  サイトカインストーム (免疫の暴走)を防ぐには

 
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数N

2021年5月31日現在

テレビ局別比率              テレビ局別報道件数累計         一日平均報道数

 
コロナ関連報道件数の日曜日限定調査結果

正月は信じられない程の報道状況!続いて、V字の底にあたる2月28日は緊急事態宣言解除の日で、コロナに対する警戒が極端に低下した日であった。そのことは右のグラフの感染者数からも歴然である。
正月明けの第3波がピークを過ぎて、緩み切った人々がうっぷん晴らしで騒ぎまくったことで第4波へと一直線に突き進んでいった。

 

恐怖の第一波! 安堵の第二波! 堕落の第三波! 第四波で、日本沈没??

2020年4月

2020年9月 2021年1月 2021年5月
 

2020年の総括

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!そこを新型コロナに付け込まれ、
第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!
特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した

 
2021年のスタート

今年はテレビ局からNHK・Eテレを外し、NHK総合と民放5局の6局の報道実態を調査分析する。

さすがに年末年始は特番目白押しなのか?!コロナ関連報道は激減!
昨年7局>12月28日15件、29日5件、30日4件、31日3件今年6局1月1日3件、2日1件、3日4件、4日25件
すなわち、年末年始6日間でのコロナ関連報道は年末12件+年始8件=20件

 
3月
1日、以降、宣言解除自治体と再々延期の関東圏4自治体の今後についての報道増
2日、首相長男が勤める放送事業会社「東北新社」から7万円接待されていた内閣広報官山田真貴子辞職
3日、新聞トップページにコロナ関連記事なし
トップは@原発・安全対策費5.5兆円、Aトヨタ・高級車に盗難防止策、Bレバノン逃亡のゴーン
4日>首都圏4自治体・緊急事態2週間延長決定
6日>1都3県、緊急事態21日まで2週間再延長
7日>3・11が近づいてきた!コロナは実質落ちいたのでひとまず報道は一段落か?(^_-)-☆
8日>トップページは「東日本大震災10年」の文字が躍る(^_-)-☆今月は原発事故報道でてんてこ舞いだ!
10日>ワクチン接種後のマスク不要?!? と、変異株急増の脅し報道激増
11日>東日本大震災10年で新聞テレビはコロナをほっといて大盛況!
12日>3.11大震災報道は治まるところを知らず!いかし、コロナ余波も心配だ(◎_◎;)
13日>変異ウイルスの世界的拡大と、中国ワクチンの世界バラマキに戦々恐々
16日>1都3県、緊急事態解除の判断迷走
18日>首都圏宣言解除決定でコロナ報道激増
19日>NHKは甲子園・選抜高校野球の放送開始!コロナどころではないぞえぇ〜〜
20日>宣言解除でホッとしている全国民
22日>連休明けで目新しい番組なし!そこで、国民は宣言解除のコロナ感染に激注目!
24日>時短、規制緩和、ワクチン、変異種ウイルス、などなどコロナ感染への警戒を煽るキーワードが踊る
26日>関東圏から東北・宮城、関西・大坂にまん延感染拡大中
27日>全面宣言解除で感染爆発1日2,000人超え!中部地方・6県に変異株拡大(76人)
29日>28都府県・前週より感染者新規増加
30日>大坂・再拡大で第4波の懸念
31日>私宛に、「新型コロナウイルスワクチン接種券」が届く
4月
1日>政府・大阪市のまん延防止適用を決定>全国初<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討
2日>東京五輪聖火リレーが1日、長野県から中部地方へ>密状態が心配
4日>42都道府県に感染拡大<変異種か?
5日>知事会、今日からまん延防止>第4波対策強化
7日>大坂、感染拡大!日本最悪状態
8日>大坂・兵庫、過去最多続く。東京も増加傾向でまん延防止要請準備
10日>3都府県(東京・京都・沖縄)まん延防止追加
12日>テレビ画面は「まん延防止」の文字が踊りまくる!
13日>高齢者(65歳以上)のコロナワクチン接種開始>対象者約3600万人
14日>大坂、初の1000人超え感染 緊急宣言の再々発令か?
15日>踊る!コロナ警戒報道!第4波襲来懸念!大阪・兵庫危ない!東京も変異株拡大
20日>大坂・兵庫、緊急事態宣言要請
21日>愛知・大坂・東京にまん延防止適用>第4波確定?
25日>3回目緊急事態宣言発令5月11日まで>4都府県(東京・京都・大坂・兵庫)
28日>インド・世界最多感染者>1日35万人
30日>コロナ感染>大坂・千人超え継続、東京・再千人超え、愛知・400人超え
 
1日>私宛に 「コロナワクチン接種についてのお知らせ(2)届く
対象:75歳以上、5月6日から電話受付再開(コールセンター)、更に5月21日からネット予約受付開始
予約できる町内医療機関>11医院

1日>政府・高齢者対象コロナワクチン接種7月完了計画発表
2日>緊急宣言1週間>感染高止まり
3日>重症者・国内最多1050人、コロナ感染累計60万人
4日>重症者・連日最多1084人
5日>名城大・感染変異株を1時間半で判別
7日>緊急事態宣言>愛知・福岡追加で、計6都府県が、12日から月末まで
8日>IOC・バッハ会長来日見送り
9日>中部地方感染40代以下増加
12日>愛知県緊急事態宣言>感謝写最多578人、初の入院800人超え
14日>愛知・歯科医師が接種協力
15日>緊急宣言>3道県追加(北海道、岡山、広島)
16日>22都道府県ステージ4>新規感染5日連続6000人超え
17日>コロナワクチン・日本の接種率世界110位前後

18日>私宛に 「コロナワクチン接種インターネット予約についてのお知らせ」が届く
20日>予約コールセンターに「接種キャンセル」を通知>係員は何も言わず私の通知を了承した。

20日>報道は「星野源と新垣結衣の結婚発表&愛知・大村知事リコール偽署名問題と田村正和死亡で手いっぱい!
コロナどころではない
22日>沖縄・緊急宣言追加
25日>東京・大阪・愛知でワクチン大規模接種
28日>9都道府県、緊急宣言>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡<5月31日まで
29日>9都道府県+5県(埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重緊急宣言延長>6月20日まで
30日>五輪開催の可否問題で新聞テレビも大フィーバー>中止?・延期?・無観客?・決行?

ページトップへ

2021年06月

武漢ウイルス顛末記J 

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでWithコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 

2021年6月>今月は15日左肩脱臼、22日両足痛風を疾病!

入院2週間という人生最大の危機に直面し、コロナ感染情報の収集とその分析を中断せり
1日>ワクチン接種・1000万人超え!人口の8%
3日>中部地域も64歳以下ワクチン接種開始
4日>五輪ボランティア辞退者続出
6日>陸上100mで山県亮太28才9秒95日本新記録樹立
9日>2年ぶり党首討論>野党・五輪開催理由追及⇒首相・曖昧答弁終始
10日>知事会提言>ワクチン接種加速、地域経済支援の要請
12日>緊急宣言、20日大半解除予定
15日>G7、東京五輪、G7全首脳支持>政府・観客数制限の緩和策浮上
18日>ワクチン接種が様々な場所(会場、職場、大学)で全国展開!
21日>9都道府県の緊急宣言解除>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡(沖縄は除く)
22日>7都道府県(北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡)は「まん延防止等重点処置」に移行。岡山・広島は完全解除
23日>重点措置対象の岐阜、三重は完全解除
以降、脱臼と痛風で闘病生活となり、パソコン操作不能!コロナ感染情報の収集を断念
 
 
月のデータ >死亡者数(累計)、重症者数、陽性者数(感染者)、退院又は療養解除者数(引用:厚労省)
   
   
 

2020年3月から2021年6月までの感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移

 

我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)陽性者が過去最多の16人となる
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない

1月>年明け6日から陽性者発出。31日まで連日のように感染情報が新聞報道された
早速データ解析してみた>男女はほぼ半々、年代は40歳代までの若い層が50代以上の約2倍

2>1日〜9日までゼロ、11日〜17日までゼロ、19日から28日までゼロで、30歳の男女各1人の感染者確認
全町民の必死の感染拡大のための自粛生活で、ほぼ目的を達成した。我が町の底力を見た思いに快感を覚える(^_-)-☆
3月>1日から6日まで4人の感染者発生!以降31日まで25日間感染ゼロという快挙達成(^_-)-☆
今までは「10才代」という年齢区分だったが、ここ「10歳未満」が初登場した。
我が町は海に挟まった半島で、潮風が春夏秋冬吹き込んで、ミネラルいっぱいの常春の国です\(^o^)/
4>月間を通して感染が続いた。感染者は中等症1人、症状なし3人、ほかは軽症で、うち陽性者との接触歴あり10人
男女別では女性感染者が6割を占めた。感染状況からして1月の第3波感染爆発と同様予断を許さない状況ではある
5>1月の感染爆発で我が町も35人が感染した。住民は恐れおののいて生活を自粛モードに切り替え2月、3月は2,3人と激減。ところが4月に入って変異株の拡散が始まったようで5月は過去最多記録となった。

3月31日にワクチン接種券が届いて、4月にワクチン接種についての案内書が届き、5月にはワクチン接種の予約案内あり。
予約は電話またはインターネットで受付けるが、まだ連絡も来ていないという人もおり、混乱していることがうかがえた。
早く、接種予約しないと事務局に迷惑がかかると思い、予約コールセンターに電話した。
私はずっと前からワクチン接種は辞退するつもりいたので、コールセンターは「キャンセル専用」とした。
係員に「理由あって接種を辞退しますので、私の分はほかの人にまわしてください」と、お願いした。
係員は私の話を聞き、キャンセルの理由などについて質問することもなく、淡々と事務的に処理して、終わった。拍子抜けであった。キャンセルした理由など町民の意識がどこにあるのか確認し、これをデータ化し、今後のワクチン接種体制整備に活用するのもありではないのか!と、ふと思いもした。
6月>今月は 軽症感染者女性2人(20代と70代)と、ほぼ完璧に抑え込んだ
 
以降、6月の新聞報道(中日新聞)
2日
 
19日
 
 
 
6月は東京五輪の開催方針で国民的議論が白熱化した
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数O

2021年6月30日現在

テレビ局別比率              テレビ局別報道件数累計         一日平均報道数

 
本稿は2021年1月〜6月の半年間で終了する。
理由は、過去1年半を経過して、日本政府の武漢コロナウイルスとその後の新種変異株に対する対応が稚拙極まりないことが明確となった。さらにコロナ感染と東京オリンピックの開催是非について不適格な判断しかできない情けない状況、
さらにNHKを筆頭とする民放各社のテレビ番組でのあまりの偏向報道ぶり(MCや専門家の発言は政府の意向に100%沿ったもの)などに愕然としつつ、感染者数と報道件数を解析しても意味がないことに気が付いた。
 
テレビ放送もマンネリ化して、尾身会長率いる専門家会議や政府の脅しにもどこ吹く風の風太郎!
中部地区主要テレビ局5局が毎日・平均4件、計20回ほどの日中時間帯に国民を脅しまくっている。

よくもまあ!連日!寄ってたかって!国民をいじめられるものである。

 

コロナ関連報道件数の日曜日限定調査結果

正月は信じられない程の報道状況!続いて、V字の底にあたる2月28日は緊急事態宣言解除の日で、コロナに対する警戒が極端に低下した日であった。そのことは右のグラフの感染者数からも歴然である。
正月明けの第3波がピークを過ぎて、緩み切った人々がうっぷん晴らしで騒ぎまくったことで第4波へと一直線に突き進んでいった。

 
 

 

恐怖の第一波! 安堵の第二波! 堕落の第三波! 第四波で、日本沈没??

2020年4月

2020年9月 2021年1月 2021年5月
 

2020年の総括

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!そこを新型コロナに付け込まれ、
第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!
特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した

 
2021年のスタート

今年はテレビ局からNHK・Eテレを外し、NHK総合と民放5局の6局の報道実態を調査分析する。

さすがに年末年始は特番目白押しなのか?!コロナ関連報道は激減!
昨年7局>12月28日15件、29日5件、30日4件、31日3件今年6局1月1日3件、2日1件、3日4件、4日25件
すなわち、年末年始6日間でのコロナ関連報道は年末12件 、年始8件、計20件

 
3月
1日、以降、宣言解除自治体と再々延期の関東圏4自治体の今後についての報道増
2日、首相長男が勤める放送事業会社「東北新社」から7万円接待されていた内閣広報官山田真貴子辞職
3日、新聞トップページにコロナ関連記事なし
トップは@原発・安全対策費5.5兆円、Aトヨタ・高級車に盗難防止策、Bレバノン逃亡のゴーン
4日>首都圏4自治体・緊急事態2週間延長決定
6日>1都3県、緊急事態21日まで2週間再延長
7日>3・11が近づいてきた!コロナは実質落ちいたのでひとまず報道は一段落か?(^_-)-☆
8日>トップページは「東日本大震災10年」の文字が躍る(^_-)-☆今月は原発事故報道でてんてこ舞いだ!
10日>ワクチン接種後のマスク不要?!? と、変異株急増の脅し報道激増
11日>東日本大震災10年で新聞テレビはコロナをほっといて大盛況!
12日>3.11大震災報道は治まるところを知らず!いかし、コロナ余波も心配だ(◎_◎;)
13日>変異ウイルスの世界的拡大と、中国ワクチンの世界バラマキに戦々恐々
16日>1都3県、緊急事態解除の判断迷走
18日>首都圏宣言解除決定でコロナ報道激増
19日>NHKは甲子園・選抜高校野球の放送開始!コロナどころではないぞえぇ〜〜
20日>宣言解除でホッとしている全国民
22日>連休明けで目新しい番組なし!そこで、国民は宣言解除のコロナ感染に激注目!
24日>時短、規制緩和、ワクチン、変異種ウイルス、などなどコロナ感染への警戒を煽るキーワードが踊る
26日>関東圏から東北・宮城、関西・大坂にまん延感染拡大中
27日>全面宣言解除で感染爆発1日2,000人超え!中部地方・6県に変異株拡大(76人)
29日>28都府県・前週より感染者新規増加
30日>大坂・再拡大で第4波の懸念
31日>私宛に、「新型コロナウイルスワクチン接種券」が届く
 
4月
1日>政府・大阪市のまん延防止適用を決定>全国初<感染再拡大中の宮城、山形、兵庫、沖縄4県も検討
2日>東京五輪聖火リレーが1日、長野県から中部地方へ>密状態が心配
4日>42都道府県に感染拡大<変異種か?
5日>知事会、今日からまん延防止>第4波対策強化
7日>大坂、感染拡大!日本最悪状態
8日>大坂・兵庫、過去最多続く。東京も増加傾向でまん延防止要請準備
10日>3都府県(東京・京都・沖縄)まん延防止追加
12日>テレビ画面は「まん延防止」の文字が踊りまくる!
13日>高齢者(65歳以上)のコロナワクチン接種開始>対象者約3600万人
14日>大坂、初の1000人超え感染 緊急宣言の再々発令か?
15日>踊る!コロナ警戒報道!第4波襲来懸念!大阪・兵庫危ない!東京も変異株拡大
20日>大坂・兵庫、緊急事態宣言要請
21日>愛知・大坂・東京にまん延防止適用>第4波確定?
25日>3回目緊急事態宣言発令5月11日まで>4都府県(東京・京都・大坂・兵庫)
28日>インド・世界最多感染者>1日35万人
30日>コロナ感染>大坂・千人超え継続、東京・再千人超え、愛知・400人超え
 
1日>私宛に 「コロナワクチン接種についてのお知らせ(2)届く
対象:75歳以上、5月6日から電話受付再開(コールセンター)、更に5月21日からネット予約受付開始
予約できる町内医療機関>11医院

1日>政府・高齢者対象コロナワクチン接種7月完了計画発表
2日>緊急宣言1週間>感染高止まり
3日>重症者・国内最多1050人、コロナ感染累計60万人
4日>重症者・連日最多1084人
5日>名城大・感染変異株を1時間半で判別
7日>緊急事態宣言>愛知・福岡追加で、計6都府県が、12日から月末まで
8日>IOC・バッハ会長来日見送り
9日>中部地方感染40代以下増加
12日>愛知県緊急事態宣言>感謝写最多578人、初の入院800人超え
14日>愛知・歯科医師が接種協力
15日>緊急宣言>3道県追加(北海道、岡山、広島)
16日>22都道府県ステージ4>新規感染5日連続6000人超え
17日>コロナワクチン・日本の接種率世界110位前後

18日>私宛に 「コロナワクチン接種インターネット予約についてのお知らせ」が届く
20日>予約コールセンターに「接種キャンセル」を通知>係員は何も言わず私の通知を了承した。

20日>報道は「星野源と新垣結衣の結婚発表&愛知・大村知事リコール偽署名問題と田村正和死亡で手いっぱい!
コロナどころではない
22日>沖縄・緊急宣言追加
25日>東京・大阪・愛知でワクチン大規模接種
28日>9都道府県、緊急宣言>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡<5月31日まで
29日>9都道府県+5県(埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重緊急宣言延長>6月20日まで
30日>五輪開催の可否問題で新聞テレビも大フィーバー>中止?・延期?・無観客?・決行?
 
月 >15日左肩脱臼、22日両足痛風を疾病!
入院2週間という人生最大の危機に直面し、コロナ感染情報の収集とその分析を中断せり
1日>ワクチン接種・1000万人超え!人口の8%
3日>中部地域も64歳以下ワクチン接種開始
4日>五輪ボランティア辞退者続出
6日>陸上100mで山県亮太28才9秒95日本新記録樹立
9日>2年ぶり党首討論>野党・五輪開催理由追及⇒首相・曖昧答弁終始
10日>知事会提言>ワクチン接種加速、地域経済支援の要請
12日>緊急宣言、20日大半解除予定
15日>G7、東京五輪、G7全首脳支持>政府・観客数制限の緩和策浮上
18日>ワクチン接種が様々な場所(会場、職場、大学)で全国展開!
21日>9都道府県の緊急宣言解除>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡(沖縄は除く)
22日>7都道府県(北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡)は「まん延防止等重点処置」に移行。岡山・広島は完全解除
23日>重点措置対象の岐阜、三重は完全解除
以降、脱臼と痛風で闘病生活となり、パソコン操作不能!コロナ感染情報の収集を断念

ページトップへ

2021年07月

武漢ウイルス顛末記K

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでWithコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 

2021年7月>左肩脱臼のリハビリに専念し、少しづつの回復に安堵している(^_-)-☆

12日>東京・五輪後まで4回目の緊急事態宣言発令
五輪競技の予選が日本中で始まった。
21日>東京・五輪:開会式前に各種競技(予選)開始>女子ソフトxオーストラリア、女子サッカーxカナダ
22日>女子ソフト予選xメキシコ、男子サッカー予選x南アフリカ
23日>五輪・午後8時開会式

26日>東京・コロナ感染者過去最多2800人超え
27日>東京・感染爆発
28日>国内感染9583人
29日>国内感染1万人超
 
2020年と2021年の「東京五輪とコロナ感染」のテレビ放送量比較

1日平均放送量は半減した

2021年>11.4件 2020年>23件

 
 
 
 

@ 五輪報道の単位は時間H

A 23日>五輪開会式放送はNHK10時間、コロナ報道は13件

B 24日>五輪競技開始の日で放送時間はテレビ局総計56時間、一方コロナ感染報道は中京TVの1件のみ

C 25日以降>コロナ感染報道は五輪競技放送に集中

C 29日>コロナ報道が急増したのは国内感染者が1万人を超えたから!しかし、その後はコロナより五輪が注目された


 

 
五輪報道解析
@ NHK総合+NHK-Eテレが約55%を占める。24日以降NHKは全日放送
A 民放5局は交互に日時を決めて、週2,3回の分担放送
 

 

7月のデータ >死亡者数(累計)、重症者数、陽性者数(感染者)、退院又は療養解除者数(引用:厚労省)

 

2020年3月から2021年7月までの感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移

7月23日東京五輪がスタートした!これを待ちかねていたかのように武漢ウイルスの子供たち(変異種)が世界中にまん延し、パンデミック状態となった。日本は世界一の保健衛生国家!なれどオリンピックというビッグイベントの開催が国家的賛否をまん延させ、開会式前までの日本は最低最悪の民度に成り下がり月末には全国感染者数は1万人を超えた。
しかし、死亡者はほぼゼロ、重症者数も微たる物で、驚くには値しない。ところがギッチョン!
医師関係の専門家は、今後の重症者と死者の増加が大いに懸念されるので行動の自粛が望まれると声高に叫ぶのみ!
見識も気概もない専門家たちの体たらくに情けない気持ちでいっぱいだ(>_<)

 

このグラフを見て専門家に聴いてみたいのは、急増する感染者数に対する重症者と死者の数である。
すなわち、7月は感染者1万人超えでも、重症者+41人、死者+11人とわずかなのである。

 

我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)陽性者が過去最多の16人となる
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない

1月>年明け6日から陽性者発出。31日まで連日のように感染情報が新聞報道された
早速データ解析してみた>男女はほぼ半々、年代は40歳代までの若い層が50代以上の約2倍

2>1日〜9日までゼロ、11日〜17日までゼロ、19日から28日までゼロで、30歳の男女各1人の感染者確認
全町民の必死の感染拡大のための自粛生活で、ほぼ目的を達成した。我が町の底力を見た思いに快感を覚える(^_-)-☆
3月>1日から6日まで4人の感染者発生!以降31日まで25日間感染ゼロという快挙達成(^_-)-☆
今までは「10才代」という年齢区分だったが、ここ「10歳未満」が初登場した。
我が町は海に挟まった半島で、潮風が春夏秋冬吹き込んで、ミネラルいっぱいの常春の国です\(^o^)/
4>月間を通して感染が続いた。感染者は中等症1人、症状なし3人、ほかは軽症で、うち陽性者との接触歴あり10人
男女別では女性感染者が6割を占めた。感染状況からして1月の第3波感染爆発と同様予断を許さない状況ではある
5>1月の感染爆発で我が町も35人が感染した。住民は恐れおののいて生活を自粛モードに切り替え2月、3月は2,3人と激減。ところが4月に入って変異株の拡散が始まったようで5月は過去最多記録となった。

3月31日にワクチン接種券が届いて、4月にワクチン接種についての案内書が届き、5月にはワクチン接種の予約案内あり。
予約は電話またはインターネットで受付けるが、まだ連絡も来ていないという人もおり、混乱していることがうかがえた。
早く、接種予約しないと事務局に迷惑がかかると思い、予約コールセンターに電話した。
私はずっと前からワクチン接種は辞退するつもりいたので、コールセンターは「キャンセル専用」とした。
係員に「理由あって接種を辞退しますので、私の分はほかの人にまわしてください」と、お願いした。
係員は私の話を聞き、キャンセルの理由などについて質問することもなく、淡々と事務的に処理して、終わった。拍子抜けであった。キャンセルした理由など町民の意識がどこにあるのか確認し、これをデータ化し、今後のワクチン接種体制整備に活用するのもありではないのか!と、ふと思いもした。
6月>今月は 軽症感染者女性2人(20代と70代)と、ほぼ完璧に抑え込んだ
7>東京五輪開会前に始まった首都圏感染爆発で第5波認定!政府は緊急事態宣言発出!
我が町もこの影響を受け、2家族の濃厚接触感染があり10歳代と20歳代の男性が軽症となった。
 
以降、7月の新聞報道(中日新聞)
22日
 
28日
 
30日
 
31日
 

新聞のテレビ番組表に見る「新型コロナ」関連報道の件数O

2021年6月30日現在

テレビ局別比率              テレビ局別報道件数累計         一日平均報道数

 
本稿は2021年1月〜6月の半年間で終了する。
理由は、過去1年半を経過して、日本政府の武漢コロナウイルスとその後の新種変異株に対する対応が稚拙極まりないことが明確となった。さらにコロナ感染と東京オリンピックの開催是非について不適格な判断しかできない情けない状況、
さらにNHKを筆頭とする民放各社のテレビ番組でのあまりの偏向報道ぶり(MCや専門家の発言は政府の意向に100%沿ったもの)などに愕然としつつ、感染者数と報道件数を解析しても意味がないことに気が付いた。
 
テレビ放送もマンネリ化して、尾身会長率いる専門家会議や政府の脅しにもどこ吹く風の風太郎!
中部地区主要テレビ局5局が毎日・平均4件、計20回ほどの日中時間帯に国民を脅しまくっている。

よくもまあ!連日!寄ってたかって!国民をいじめられるものである。

 

コロナ関連報道件数の日曜日限定調査結果

正月は信じられない程の報道状況!続いて、V字の底にあたる2月28日は緊急事態宣言解除の日で、コロナに対する警戒が極端に低下した日であった。そのことは右のグラフの感染者数からも歴然である。
正月明けの第3波がピークを過ぎて、緩み切った人々がうっぷん晴らしで騒ぎまくったことで第4波へと一直線に突き進んでいった。

 
 

 

恐怖の第一波! 安堵の第二波! 堕落の第三波! 第四波で、日本沈没? 無責任政官民で、第五波&五輪開催

2020年4月

2020年9月 2021年1月 2021年5月 2021年8月
 

2020年の総括

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!そこを新型コロナに付け込まれ、
第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!
特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した

 
2021年のスタート

今年はテレビ局からNHK・Eテレを外し、NHK総合と民放5局の6局の報道実態を調査分析する。

さすがに年末年始は特番目白押しなのか?!コロナ関連報道は激減!
昨年7局>12月28日15件、29日5件、30日4件、31日3件今年6局1月1日3件、2日1件、3日4件、4日25件
すなわち、年末年始6日間でのコロナ関連報道は年末12件 、年始8件、計20件

 
1日>私宛に 「コロナワクチン接種についてのお知らせ(2)届く
対象:75歳以上、5月6日から電話受付再開(コールセンター)、更に5月21日からネット予約受付開始
予約できる町内医療機関>11医院

1日>政府・高齢者対象コロナワクチン接種7月完了計画発表
2日>緊急宣言1週間>感染高止まり
3日>重症者・国内最多1050人、コロナ感染累計60万人
4日>重症者・連日最多1084人
5日>名城大・感染変異株を1時間半で判別
7日>緊急事態宣言>愛知・福岡追加で、計6都府県が、12日から月末まで
8日>IOC・バッハ会長来日見送り
9日>中部地方感染40代以下増加
12日>愛知県緊急事態宣言>感謝写最多578人、初の入院800人超え
14日>愛知・歯科医師が接種協力
15日>緊急宣言>3道県追加(北海道、岡山、広島)
16日>22都道府県ステージ4>新規感染5日連続6000人超え
17日>コロナワクチン・日本の接種率世界110位前後

18日>私宛に 「コロナワクチン接種インターネット予約についてのお知らせ」が届く
20日>予約コールセンターに「接種キャンセル」を通知>係員は何も言わず私の通知を了承した。

20日>報道は「星野源と新垣結衣の結婚発表&愛知・大村知事リコール偽署名問題と田村正和死亡で手いっぱい!
コロナどころではない
22日>沖縄・緊急宣言追加
25日>東京・大阪・愛知でワクチン大規模接種
28日>9都道府県、緊急宣言>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡<5月31日まで
29日>9都道府県+5県(埼玉・千葉・神奈川・岐阜・三重緊急宣言延長>6月20日まで
30日>五輪開催の可否問題で新聞テレビも大フィーバー>中止?・延期?・無観客?・決行?
 
月 >15日左肩脱臼、22日両足痛風を疾病!
入院2週間という人生最大の危機に直面し、コロナ感染情報の収集とその分析を中断せり
1日>ワクチン接種・1000万人超え!人口の8%
3日>中部地域も64歳以下ワクチン接種開始
4日>五輪ボランティア辞退者続出
6日>陸上100mで山県亮太28才9秒95日本新記録樹立
9日>2年ぶり党首討論>野党・五輪開催理由追及⇒首相・曖昧答弁終始
10日>知事会提言>ワクチン接種加速、地域経済支援の要請
12日>緊急宣言、20日大半解除予定
15日>G7、東京五輪、G7全首脳支持>政府・観客数制限の緩和策浮上
18日>ワクチン接種が様々な場所(会場、職場、大学)で全国展開!
21日>9都道府県の緊急宣言解除>北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡(沖縄は除く)
22日>7都道府県(北海道・東京・愛知・京都・大阪・兵庫・福岡)は「まん延防止等重点処置」に移行。岡山・広島は完全解除
23日>重点措置対象の岐阜、三重は完全解除
以降、脱臼と痛風で闘病生活となり、パソコン操作不能!コロナ感染情報の収集を断念
7月 >両足両手痛風は順調治癒(^_-)-☆、しかし左肩脱臼 はリハビリに今年いっぱいかかりそう(◎_◎;)
東京五輪の開催是非について、政府(菅首相)とコロナ感染抑制担当専門組織(尾見会長)の思考が真反対で国民全体を混乱させ、中旬頃から五輪開催地である東京都で感染者急増!
政府は1ヵ月前に解除した緊急事態宣言を再発令!いまの政府は先読みせずにその場しのぎの対応を国民にお願いするのみ!ほとんど何の効果もないことを構わず繰り返す無能な政府を暴露している。
12日>東京・五輪後まで4回目の緊急事態宣言発令
五輪競技の予選が日本中で始まった。
21日>東京・五輪:開会式前に各種競技(予選)開始>女子ソフトxオーストラリア、女子サッカーxカナダ
22日>女子ソフト予選xメキシコ、男子サッカー予選x南アフリカ
23日>五輪・午後8時開会式

26日>東京・コロナ感染者過去最多2800人超え
27日>東京・感染爆発
28日>国内感染9583人
29日>国内感染1万人超

ページトップへ

2021年08月

武漢ウイルス顛末記L

2月中旬から始まった中国・武漢市発祥の新型コロナウイルス(以後、「武漢ウイルス」と呼ぶ)感染防止対策で三密回避の自粛生活がずっと続いている。このままいつまでWithコロナの日常を続けないといけないのか不安だ(◎_◎;)
 

2021年8月>左肩脱臼は個人的リハビリで回復しつつあるが、 埒が明かない!そこで専門のクリニックで正式なリハビリを行なう

1日>4日連続・国内感染1万人超
4日>8県まん延防止<全国感染1万人超え継続
5日>5都道府県は既に緊急事態宣言中>五輪終了まで
政府・コロナ感染中等症患者はリスクある場合、自宅療養ではなく入院方針へ変更
7日>国内感染者累積100万人超え
9日>NHKスペシャル「TOKYO2020の闘い」
13日>国内感染2万人超え
17日>東海3県感染最多>愛知967人、岐阜324人、三重208人
23日>東海3県一体で緊急事態宣言要請
オリンピック閉会して、選手が帰った後、日本はコロナ感染爆発
詳細はグラフ参照
 

8月のデータ >死亡者数(累計)、重症者数、陽性者数(感染者)、退院又は療養解除者数
(引用:厚労省)

 

2020年3月から2021年7月までの感染者(日計)・重症者(日計)・死者(累計)の推移

7月23日東京五輪がスタートした!これを待ちかねていたかのように武漢ウイルスの子供たち(変異種)が世界中にまん延し、パンデミック状態となった。日本は世界一の保健衛生国家!なれどオリンピックというビッグイベントの開催が国家的賛否をまん延させ、開会式前までの日本は最低最悪の民度に成り下がり月末には全国感染者数は1万人を超えた。
しかし、死亡者はほぼゼロ、重症者数も微たる物で、驚くには値しない。ところがギッチョン!
医師関係の専門家は、今後の重症者と死者の増加が大いに懸念されるので行動の自粛が望まれると声高に叫ぶのみ!
見識も気概もない専門家たちの体たらくに情けない気持ちでいっぱいだ(>_<)

 
 

このグラフを見て専門家に聴いてみたいのは、急増する感染者数に対する重症者と死者の数である。
すなわち、7月は感染者1万人超えでも、重症者+41人、死者+11人とわずかなのである。
ところが、五輪最盛期の8月は感染者2万人超え、重症者+66人、死亡者+88人と激増した。

我が町も一人前に第1波、第2波、そして12月の第3波感染爆発(>_<)陽性者が過去最多の16人となる
しかし、家族(子供と親)の濃厚接触が主で、軽症者が多く重症者や死者はいない

1月>年明け6日から陽性者発出。31日まで連日のように感染情報が新聞報道された
早速データ解析してみた>男女はほぼ半々、年代は40歳代までの若い層が50代以上の約2倍

2>1日〜9日までゼロ、11日〜17日までゼロ、19日から28日までゼロで、30歳の男女各1人の感染者確認
全町民の必死の感染拡大のための自粛生活で、ほぼ目的を達成した。我が町の底力を見た思いに快感を覚える(^_-)-☆
3月>1日から6日まで4人の感染者発生!以降31日まで25日間感染ゼロという快挙達成(^_-)-☆
今までは「10才代」という年齢区分だったが、ここ「10歳未満」が初登場した。
我が町は海に挟まった半島で、潮風が春夏秋冬吹き込んで、ミネラルいっぱいの常春の国です\(^o^)/
4>月間を通して感染が続いた。感染者は中等症1人、症状なし3人、ほかは軽症で、うち陽性者との接触歴あり10人
男女別では女性感染者が6割を占めた。感染状況からして1月の第3波感染爆発と同様予断を許さない状況ではある
5>1月の感染爆発で我が町も35人が感染した。住民は恐れおののいて生活を自粛モードに切り替え2月、3月は2,3人と激減。ところが4月に入って変異株の拡散が始まったようで5月は過去最多記録となった。

3月31日にワクチン接種券が届いて、4月にワクチン接種についての案内書が届き、5月にはワクチン接種の予約案内あり。
予約は電話またはインターネットで受付けるが、まだ連絡も来ていないという人もおり、混乱していることがうかがえた。
早く、接種予約しないと事務局に迷惑がかかると思い、予約コールセンターに電話した。
私はずっと前からワクチン接種は辞退するつもりいたので、コールセンターは「キャンセル専用」とした。
係員に「理由あって接種を辞退しますので、私の分はほかの人にまわしてください」と、お願いした。
係員は私の話を聞き、キャンセルの理由などについて質問することもなく、淡々と事務的に処理して、終わった。拍子抜けであった。キャンセルした理由など町民の意識がどこにあるのか確認し、これをデータ化し、今後のワクチン接種体制整備に活用するのもありではないのか!と、ふと思いもした。
6月>今月は 軽症感染者女性2人(20代と70代)と、ほぼ完璧に抑え込んだ
7>東京五輪開会前に始まった首都圏感染爆発で第5波認定!政府は緊急事態宣言発出!
我が町もこの影響を受け、2家族の濃厚接触感染があり10歳代と20歳代の男性が軽症となった。
8>昨年3月18日・30歳代の女性が軽症感染して以来、今年8月で1年5ヶ月が経過し、我が町の累計感染者は373人となり、今月は過去最大の月間感染者数200人を記録した。
7月23日の東京五輪開催から不安がいっぱいであったが、8月1日以降、全国に感染拡大して2万人を超える勢いとなった。政府と感染学専門家の対応は稚拙を極め、大バッシングとなった。
 
特長的なことは高齢者の早期ワクチン接種で60代以上の感染はゼロとなった。
しかし、弱年層(10代未満・10代・20代)が激増して約50%を占め、30代・40代の約40%で約90%となった。
若者のワクチン接種が遅々として進まないのは、ワクチンの絶対量不足もあるが、前方を見通せない政府と医師会の無能ぶりにある!なんとも腹立たしい老害集団と金まみれの医療集団なのである。
以降、8月の新聞報道(中日新聞)
6日
 
6日
 
6日
 
7日
 
7日
 
14日
 
14日
 
14日
 
21日
 
25日
 
25日
 
25日
 
27日
 
28日
 
28日
 
 
恐怖の第一波! 安堵の第二波! 堕落の第三波! 第四波で、日本沈没? 無責任政官民で、第五波&五輪開催

2020年4月

2020年9月 2021年1月 2021年5月 2021年7月
第1波2020年4月(発祥中国・武漢発祥2019年10月・COVID19)、
第2波2020年7月(変異株・南アフリカ発祥2020年5月・βベータ株  変異株・英国発祥2020年9月・αアルファ株)
第3波2020年12月(変異株・ブラジル発祥2020年11月・γガンマ株)
第4波2021年7月(変異株・インド発祥2020年10月・δデルタ株)
第5波????(変異株・ペルー発祥2021年7月・λラムダ株)
 

2020年の総括

第1波はテレビ局総動員で眼くら滅法の報道!、
第2波は疲れて適当にあしらい、放置!そこを新型コロナに付け込まれ、
第3波襲来で感染爆発!10月頃ではのんびり構え、全てが遊興三昧!
特にゴミために住んでいる東京とその近郊都市では1か月で3000人以上の感染者発生。
医師会などは医療崩壊の危機に晒され、ただただ政府の動きが問題だと狼狽えるばかりのアホ集団と化した

 
2021年のスタート

今年はテレビ局からNHK・Eテレを外し、NHK総合と民放5局の6局の報道実態を調査分析する。

さすがに年末年始は特番目白押しなのか?!コロナ関連報道は激減!
昨年7局>12月28日15件、29日5件、30日4件、31日3件今年6局1月1日3件、2日1件、3日4件、4日25件
すなわち、年末年始6日間でのコロナ関連報道は年末12件 、年始8件、計20件

 

2021年の総括

 

 
月 >左肩脱臼は個人的リハビリで回復しつつあるが、 埒が明かない!そこで専門のクリニックで正式なリハビリを行なう
1日>4日連続・国内感染1万人超
7日>国内感染者累積100万人超え
13日>国内感染2万人超え
 
7月23日東京五輪開会から日本はオリンピック一色となった!
 
五輪開催に伴いジワリとコロナ感染が増え始め、8月五輪閉会して外国選手団が消えた後、感染者は毎日2万人を超えるに至り、関東圏だけでなく、列島の北端から南端までが感染爆発!

我が町も御多分に漏れず、7月感染者9人が五輪後の8月は200人(女性80人、男性120人)の爆発状態
ただ幸いなことに重症者と死者はゼロであり、日常生活にゆとりもホッとした。
 
ホッとしたといえば、私は保健所からのワクチン接種要請を辞退し、ほかの人に譲った。
理由は、私には親からもらったウイルス抗体が遺伝子として授かっているという自覚であった。

母親は96歳で他界するまでインフルエンザワクチンの接種をしていないし、風邪も引いたことがないことが自慢であった。
100年近くもウイルス抗体を持ち続けたというDNAに驚愕で、私も風邪を引いたことがない。

現役時代、風邪熱のような状態になることもあったが、「ルル3錠」で治癒していた。今も常備薬としている。
ただ、ここ10年、ルル3錠の世話になったことがない。気力体力共に十分なる状態が継続しているようだ(●^o^●)

しかし、今回の肩脱臼にはさすがの私も気が萎えた。元通りになるにはかなりのリハビリを要するので"(-""-)"
今年いっぱいの全治を目指して食事、自主トレなど生活習慣を充実強化しないといけない。

 
オリンピックが終り、選手が帰った後、日本のコロナ感染爆発は収束モード

ページトップへ

2021年09月

 

 

 

 

 

ページトップへ

2021年10月